◆注目情報

【PROGRE ROCK】ハマタイ! マグマ祭り2019対象商品まとめて入荷いたしました!

ハマタイ! マグマ祭り2019対象商品

フェア詳細はこちらをクリック↓




MAGMA/マーキークラブ: ロンドン1974 / 国内CD 3,888円(税込) (ディスクユニオン / DAKT18)
商品詳細情報
まもなく結成50周年を迎える仏の大御所プログレッシヴ・ロックバンド、マグマのほぼ完全初公開となる'74年ロンドン公演を収めた発掘音源が登場!
【デジスリーヴ仕様/国内帯・日本語解説付輸入盤(盤は輸入盤を使用/原盤:仏:Seventh Records)/解説:宮本 重敏】
仏の大御所プログレッシヴ・ロックバンド、マグマのほぼ完全初公開となる'74年ロンドン公演を収めた発掘音源がデジスリーヴ仕様にて登場!
本CDには'74年3月17日ロンドン、マーキークラブでの公演を録音したライブ音源を収録。この音源からは、クリスチャン・ヴァンデ(ドラム)による通称「Korusz」若しくは「Ptah」と呼ばれるドラムソロのパートのみ、'00年にクリスチャン・ヴァンデ名義で発表された『Korusz』に収録されていますが、他の曲は非公式においても出回っていない本邦初公開となる音源。 
この時期のライブ音源としては、今までにも『Inedits』や同年2月6日のRadio Bremenにおける録音(『Zuhn Wohl Unsai』として'14年Made in Germnayより発売)や3月14日録音のBBCラジオ放送用の音源('99年にAKT8として発売)が公式で発表されてはいますが、いずれもラジオ放送用の演奏若しくは断片のみの収録の為、'74年当時の観客を前にしての公演をフルに捉えた音源としてはこの作品が初となります。
前述の「Korusz」の他にも、「コンターコス・アンテリア」の1パートである"Om Zanka"を含んだままの「コンターコス」・コーダが未完成のままの「憎悪の時」といった発展途上にある曲や、ジャニック・トップ(ベース)の暴虐ともいえるベースソロが轟く「KMX」・前年にスタジオ盤を発売したばかりで正に脂が乗った演奏を聴かせる「呪われし地球人達へ」等全曲が聴き所。 
一音一音を重視したとされる演奏は他の時期と比較しても非常に重々しく響き渡り、正に"神話"か"伝説"と化したジャニック・トップ在籍時のライブを追体験出来る、強力な作品となっております!


●MAGMA/ メルシー:ニュー・エディション / 国内CD 3,024円(税込) (セヴンス・ジャパン / DREX3N)
商品詳細情報
仏プログレッシブ・ロックバンドのマグマの『MERCI』がボーナス・トラック収録デジパック仕様新装盤で再発!
【デジパック仕様/ボーナス・トラック1曲収録/国内帯・日本語解説付輸入盤(盤は輸入盤を使用/原盤:仏:Seventh Records)/解説:宮本 重敏】

'82年から、バンドとしての実態が無くなっていた'84年まで断続的に録音が行われ、制作過程での困難を伴いながら難産の末に完成された本作は参加したミュージシャン達の想定とは程遠い結果に終わったものの、「Call From The Dark」「Do The Music」での極度なまでのリズムの細分化の実験とソウル・ミュージックの融合で生まれた独特の緊張感、「Eliphas Levi」「The Night We Died」等で聞かれる美麗なメロディの数々は壮大な一ストーリーを想起させられます。
更にボーナストラックとして、80年代のライブのアンコールで度々演奏されていた「You」のスタジオ録音を収録。当時シングル用として録音されたものの、結局シングルの配給先が見つからなかった為宙に浮いてしまい、後に'87年に発表されたZeuhl界隈のアーティストのコンピレーション「Enneade」(現在入手困難)で日の目を見た代物。'15年に本作がJazz VillageよりLPで再発された時にもダウンロード音源のボーナストラックとして収録されましたが、CD化は前述のコンピレーションのCD以来となるレア音源です!他のアルバムと比べると表面的なサウンドには多少の乖離があるものの、Zeuhlの本質は何も変わっていない。このアルバムは他者、特に黒人音楽への賛辞を呈する作品であると同時に、マグマひいてはChtistian Vanderの何事にも動じない不退転の意思を明確に表したマグマ史の中でも重要な一作となっています!





●MAGMA/ライブ リマスター・エディション(2CD) / 国内CD 4,104円(税込) (セヴンス・ジャパン / DREX10V2)
商品詳細情報
【2017年リマスター/デジパック仕様/帯・解説付輸入盤(盤は輸入盤を使用/原盤:仏:SEVENTH RECORDS)/(解説:宮本 重敏)】
仏を代表するプログレッシヴ・ロックバンドであるMAGMAの'75年公演を収録した同年作『Live』が' 17年リマスター/デジパック仕様で再発! 

'75年にChristian Vander(dr/vo)とKlaus Blasquiz(vo)以外のメンバーを総入れ替えしたMAGMAはJannick Top在籍時の緻密な音とは異なる、バンド全体における柔軟性・軽やかさを方向性として打ち出し、リアレンジされた旧曲への新たなアプローチを試みた。その成果は「Kohntark」、「Mekanik Zain」で聴くことが出来、圧倒的な手数で迫るドラムとヴァイオリン、凄烈な音色で圧倒するベース、執拗なリフで土台を支えるキーボードが一体となった演奏は、スタジオ盤とはまた異なるMAGMAのジャズロック的側面を大きく打ち出した熱狂的なサウンドを形成している。
その他にも完成に30年以上を費やした「Emehntehtt-Re」の萌芽やChristianのパーソナルな趣向が出た「Lihns」等の当時の新曲はバンドの多面性をよく表しており、これからMAGMAをよく知ろうというファンのみならず、正に全プログレファン必聴の一枚!ブックレットには'12年再発盤と同様にコバイア語歌詞とChristianによるテキストを掲載。




お問い合わせはこちら
〒194-0013 町田市原町田4-9-8 町田シエロ1F
ディスクユニオン町田店
TEL:042-720-7240
e-mail : dm@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~21:00 (日祝11:00~20:00)