◆注目情報

【LATIN/BRAZIL/WORLD新着入荷情報】LUISA SOBRAL/CLARA PEYA他




●ROSA / LUISA SOBRAL ルイーサ・ソブラル 輸入CD 2,376円(税込) (WRASSE / 7716731)
商品詳細情報
ポルトガル版ノラ・ジョーンズ、またはレベッカ・マーティンなどと呼びたい新たな注目株!!!! ポルトガルの女性シンガーソングライター、ルイーザ・ソブラルの2018年最新作。

2011年までUSで活動するなどインターナショナルな人脈を持ち、また自国に戻ってからはアントニオ・ザンブージョやマリオ・ラジーニャといったポルトガルを代表するミュージシャンともレコーディング。前作 『LUISA』 ではジョー・ヘンリー、そしてマーク・リーボウを迎えレコーディングするなど、にわかにポルトガルを代表する女性アーティストとなりつつあるルイーザ・ソブラル、待望の2018年新作です。プロデューサーにシルビア・ペレス・クルースとのコラボレーションでも知られるラウル・レフリー (ラウル・フェルナンデス・ミロ) を迎え、ルイーザ自身が演奏するアコースティック・ギターと簡素なパーカッション、さらにはフリューゲルホルン、チューバ、トランペットの三管をフロントに据えたアコースティックな編成で、ルイーザの力強くも至極滑らかな歌声を最大限に引き出すベストなアレンジに。ときおりラウル・レフリーが弾くハモンドやローズ、アフリカ音楽を思わせるエレキ・ギターのアルペジオなど、シンプルにしてバラエティ豊かに聴かせるあたりも天晴れ。シルビア・ペレス・クルースやマリーザ・モンチといった女性アーティストに比肩する才能と言えるでしょう! 今年を代表する極上のアコースティック・ジャジー・ポップとして女性ヴォーカル・ファン、ポップス・ファンにも推薦です!







●ESTOMAC / CLARA PEYA クララ・ペーヤ 輸入CD 2,484円(税込) (SATELITE K / SATKCD245)
商品詳細情報
シルビア・ペレス・クルース×ジェイミー・アイザック!? スペイン・カタルーニャ出身の女流ピアニスト/シンガー/作曲家 クララ・ペーヤ 最新作。2016年作をくるりの岸田繁さんが年間ベスト1に選んだことで、日本でも一気に知られることになったスペインはカタルーニャのピアニスト/コンポーザー、クララ・ペーヤ。Silvia Perez Cruz, Judit Neddermann, Toni Pages, Vic Moliner, Alessio Arena, Ferran Savall, Aleix Tobias, Adria Plana, Diego Fernandez, Pau Figueresといった今をときめくアーティストからベテランまでと共演し、いまやカタルーニャ音楽に欠かせない存在となりつつある。前作では「水」をテーマにNEW AGE感あふれるサウンドが印象的だったが、本作ではジェイミー・アイザックにも通じるレイドバックしたサウンドも獲得。よりユニバーサルな進化を見せている。






●MI LUZ MAYOR / EDDIE PALMIERI エディ・パルミエリ 輸入CD 2,268円(税込) (ROPEADOPE / CDRAD102)
商品詳細情報
御歳80歳ラテンの巨匠: エディー・パルミエリまさかの2018年二作目が到着! キャリア・ハイともいえる王道サルサど真ん中な強烈な一枚!

前作『FULL CIRCLE』で王道ともいえるビッグバンド・サルサに回帰し、多くのサルサ・ファンを歓喜させたパルミエリ。今年2枚目のサルサ・アルバムとなる本作『MI LUZ MAYOR』は、2014年に亡くなった最愛の妻に捧げるというコンセプトで、前作よりもさらにサルサ、そしてラテンのセンティメントを注入した作品となった。もはやおなじみといえるルケス・カーティスやリトル・ジョーニー・リベロ、ジミー・ボッシュ、コンラッド・ハーウィグ、ヨスバニー・テリーといった面々は今回も磐石のサポートを見せつつ、看板歌手のエルマン・オリベラ、そしてゲストではヒルベルト・サンタ・ロサ、カルロス・サンタナまでが参加。現在のサルサ、ラテンジャズ界を代表する面々が一同に介した内容はまるでパルミエリのキャリアの総決算!これを聴かなきゃ2018年は締めくくれない!!!!!!!!

Guest Musicians :
Gilberto Santa Rosa - Lead Vocal
Carlos Santana - Guitar
Herman Olivera - Lead Vocal

Musicians : 
Eddie Palmieri – Piano
Luques Curtis – Bass
Karl Perazzo – Timbales
Camilo Molina – Timbales,drums,itotele
“Little” Johnny Rivero – Congas
Anthony Carrillo – Bongo, Cowbell,Iya
Nelson Gonzalez – Tres
Gabriel Lugo - okonkolo
Jerry Medina - vocal coro
Juan Pablo Diaz - vocal coro
Brian Lynch – Trompet
Jonathan Powell – Trompet
John Walsh – Trompet
Pete Nater - Trompet
Chris Rogers - Trompet
Conrad Herwig – Trombon
Jimmy Bosch – Trombon
Joe Fiedler – Trombon
Chris Washburne – Trombon
Doug Beavers – Trombon
Tokinori Kajiwara – Trombon
Louis Fouché – Alto sax
Yosvany Terry – Alto sax
Ralph Moore - Alto sax
Ivan Renta – Tenor sax
Craig Handy - Tenor sax
Jeremy Powell - Tenor sax
Gary Smulyan – Baritone sax
Ronnie Cuber – Baritone sax

Eddie Palmieri, at 83 years of age, is performing and producing his best work. Mi Luz Mayor is his second salsa release of 2018, and is a tribute to his late wife, Iraida. (The selections are all songs that she enjoyed). In addition to the usual all star cast of players, Mi Luz Mayor features the great Gilberto Santa Rosa, Herman Olivera, and none other than Carlos Santana. The CD include a 12 page booklet with liner notes and credits in English and Spanish.





●WOVEN THREADS / STU MINDEMAN スチュ・ミンデマン 輸入CD 2,268円(税込) (SUNNYSIDE / SSC1520)
商品詳細情報
US SUNNYSIDE新譜。現代JAZZ × ネオ・フォルクローレの決定盤!歌の魅力と、ラテンのエレガンス、ホーンズも交えた煌びやかな大所帯バンド・アレンジが本当にすばらしいです! 幼少期をチリで送り、シカゴをベースに活動するStu Mindemanがビオレータ・パラ、ビクトル・ハラの世界にフォーカスした作品!カルロス・アギーレとの共演でも話題のフランチェスカ・アンカローラやマカヤ・マクレイヴン、マーキス・ヒル、カート・エリングもフィーチャー。
★シカゴをベースに活動するピアニスト/ コンポーザー、Stu Mindeman の最新作品。ブランフォード・マルサリス、カート・エリング、アントニオ・サンチェスといったアーティストと共演し、2014 年にリリースしたデビュー作『In Your Walking Eyes』は、批評家から称賛を受けています。
★そんなMindeman が2017 年、幼少期に過ごしたチリに戻ったことがきっかけで制作されたのが、本作品。
★自らを表現するために、チリのフォークや、ジャズ、ラテン・ミュージックを演奏する数々のミュージシャンに現地で出会い、現代のチリの音楽シーンに没頭したMindeman は、志を同じくする仲間とバンドを結成。アイディアを進めるにしたがって、チリのヌエバ・カンシオン(新しい歌)の象徴である、ビオレータ・パラ、ビクトル・ハラの表現に焦点をしぼって行きます。
★音楽を通して社会変革を目指したビオレータ・パラ、ビクトル・ハラ2 人は、アウグスト・ピノチェットの独裁政権と闘い、壮絶にも自由を求めたアイコンともいうべきアーティスト。その世界を、チリのアーティストと共に、反骨の歴史を持つシカゴをベースに活動するマカヤ・マクレイヴン、マット・ゴールド、マーキス・ヒルといったアーティストをフィーチャーして融合。ビクトル・ハラのトリビュート作品でデビュー作し、その後もハラの音楽を、自身の表現のコアに据えて世界的に評価も集める女性シンガーFrancesca Ancarola が、気骨と、哀愁が入り混じる魂の歌を聴かせる一方、パラの“QuePalabra Te Dijera”、および“Como el Roble en el Verano” にインスパイアされたというM6、M7 ではカート・エリングの思慮深いヴォーカルをフィーチャーしています。またラストではハラの“No Puedas Volver Atras”が切々と歌われて行きます。
★チリの歴史を背負ったフォークロア、南米のグルーヴ、ジャズのインプロヴィゼーションが融合し、表現されたメッセージに富んだ一作です。

メンバー:
Stu Mindeman(p, keys, org), Francesca Ancarola(vo 1,2,5,8), Ana Tijoux(vo 3), Kurt Elling(vo 6,7), Milton Russell(b 1,2,5,6,7),
Matt Ulery(b 3,4,8), Carlos Cortes Diaz(ds 2), Makaya McCraven(ds 1,3,6,7), Juan Pastor(ds 4,5,8, perc 1-6),
Yuri Hevia(Bombo Legüero 1,8, perc 5), Matt Gold(g), Victoria Moreira(vln, viola), Quentin Coaxum(tp 7), Victor Garcia(tp 1,3,5 perc 5),
Marquis Hill(tp solo 3), Greg Ward(as 1,2,3,5), Miguel Zenón(as 4,6), Sally Blandon(background vo 2,5), Devin Velez(background vo 2),
Sarah Marie Young:(background vo 3,4,7)






●HALI DIALLO / TALLAWIT TIMBOUCTOU タラウィ・ティンブクトゥ 輸入CD 1,836円(税込) (SAHEL SOUNDS / SS048CD)
商品詳細情報
アメリカのバンジョーのルーツとも言われている4つの弦で構成された弦楽器リュートをひっさげ、マリ共和国北部のタカンバ語を駆使し歌い上げる三人組 TALLAWIT TIMBOUCTOU 。録音状況もあるとは思われるが、砂漠で生きるトゥアレグ族の姿を映し出しているかのような荒々しく力強いストリング音に度肝を抜かれた。

・AHMOUDOU MADASSANE『ZERZURA - ORIGINAL SOUNDTRACK RECORDING』
CD ※試聴可能
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1007755577
LP
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1007755572
・TALLAWIT TIMBOUCTOU『HALI DIALLO』
CD ※試聴可能
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1007755576
LP
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1007776629

Tallawit Timbouctou are champions of takamba, a hypnotic traditional music from Northern Mali. Built around the tehardent, the four-stringed lute and pre-cursor to the American banjo, takamba’s droning distortion comes from signature handmade mics and blown out amplifiers. Accompanied by percussion pounded out onto an overturned calabash with mind boggling time signatures, the combined effect is trance inducing. 
This is the music that long ruled the North of Mali, performed at festivities, blasting out of dusty boomboxes, and beaming out from village radio stations. Its origin is shrouded in mystery, and though purportedly dating back to the Songhai Empire of the 15th century, takamba’s heyday was in the 1980s, with the introduction of amplification. Musicians found a lucrative circuit, performing in elegant weddings, creating cassettes on demand, and writing songs for their wealthy patrons. Today takamba has fallen out of popular fashion with the youth but continues to thrive in a small network of die-hard traditionalists. 
Band leader Aghaly Ag Amoumine is one of the remaining renowned takamba musicians. Descended from a long line of praise singers, he spent decades traveling across the Sahel, performing in remote nomad camps and crowded West African capitals. His compositions continue to circulate today and have become part of the folk repertoire. His group Tallawit Timbouctou, based in the city of the same name, continues in the family tradition and has featured both his brother and nephew as accompanying members. 
Recorded at home in Timbouctou, “Hali Diallo” is a relentless and non-stop recording, true to the form of takamba. Tracks blend seamlessly into one another, instruments are tuned mid-song, and Aghaly only pauses singing long enough for the occasional shout-out or dedication. Unfiltered and direct, as it's meant to be heard, Tallawit Timbouctou is a shining example of one of the last great takamba bands.





●LA PACIENCIA ESTA EN NUESTROS CORAZONES / ADRIAN IAIES COLEGIALES TRIO アドリアン・イアイエス・コレヒアレス・トリオ 輸入CD 2,052円(税込) (DBN / 52445)
商品詳細情報
アルゼンチン最高峰のピアニストとしてここ日本でも高い人気を誇るアドリアン・イアイエスがピアノ+コントラバス+パーカッションという変則ピアノ・トリオでの新譜をリリース。パーカッションのファクンド・ゲバラはリリアナ・エレーロをはじめとする大御所フォルクローレ・シンガーをモダンなセンスで支える人物で、本作でもボンボなどの民族楽器を巧みに用いてアドリアンのリリカルなプレイを引き立てています。

Adrián Iaies: piano 
Diana Arias: contrabass
Facundo Guevara: percussion




お問い合わせはこちら
〒194-0013 町田市原町田4-9-8 町田シエロ1F
ディスクユニオン町田店
TEL:042-720-7240
e-mail : dm@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~21:00 (日祝11:00~20:00)