【'60s~'70s ROCK入荷】5/18(金)プログレファンからフリー・ソウルファンまで聴けるギリシャの激レアJAZZ FUNK音源集がCD/LPで入荷!!



●KYRIAKOS SFETSAS / GREEK FUSION ORCHESTRA VOL.1 (CD) 輸入CD CD(4)1,944円(税込) (TERANGA BEAT / TBCD022)

●KYRIAKOS SFETSAS / GREEK FUSION ORCHESTRA VOL.1 (LP) 輸入LP LP(レコード)(10)2,592円(税込) (TERANGA BEAT / TBLP022)

商品レビュー
ギリシャ産ジャズ・ファンク幻音源が発掘CD/LPリリース!

交響曲、合唱曲、バレエ、演劇音楽、室内楽、電子音楽、フィルム・スコア、ジャズ/フュージョンなどなど多様なジャンルを横断し活動するギリシャのコンポーザーKYRIAKOS SFETSAS。若き日には地元でクラシックの素養と共にギリシャの民俗音楽に接しジプシー・オーケストラとも共演、63年から66年までアテネの国立音楽院でKRINO KALOMIRIにピアノを、MICHALIS VOURTSISに音楽理論を師事、64年にはMARIA CALLASのギリシャでのラスト・パフォーマンスにピアノで帯同、67年にパリで奨学金を得るとMAX DEUTSCHに作曲やオーケストラ指揮を師事、さらにはご存知ギリシャ系フランス人の数学的建築的音楽家IANNIS XENAKISやイタリアの電子音楽/ミュージック・セリエル主導者LUIGI NONO、自由な無調性を模索したフランスのHENRI DUTILLEUXといったヨーロッパを代表する作曲家たちとも親交を深めていきました。

60年代後半から70年代前半をフランスで過ごし、世界初の4チャンネル・テープ作品のひとつとなった自身初のレコードにして激レア盤『FOUR-CHANNEL ELECTRO-ACOUSTIC MUSIC FOR THE "BALLET SMOG"』等を手がけたのち、75年秋にはギリシャへ帰国、国立ラジオ局等で働きながら76年に自身のオーケストラGREEK FUSION ORCHESTRAを結成、幼き日の地元での記憶とパリでのアヴァンギャルド時代に共に立ち戻るかのようにギリシャの伝統音楽の拡張を模索していきました。

そして産み落とされたプログレッシヴ・ジャズ・フュージョン・ファンクな作品群は一部が80年に『GREEK FUSION ORCHESTRA』として結実しますが、本作はこれまで未発表の音源から編まれた 当時の最高音質でステレオ・リール・トゥ・リール録音されたピュア・オーディオファイル音源となっています。

貴重フォト、ライナーノーツ掲載ブックレット。
ソングリスト
1. Gypsy Pattern 6:49
2. Morning Expectations 6:28
3. Transition 6:05
4. On the Cliff 4:47
5. Overturn 7:40
6. Towards the Castle 6:34


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
〒194-0013 町田市原町田4-9-8 町田シエロ1F
ディスクユニオン町田店 友だち追加数