【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】アカ・セカ・トリオ / トリノ入荷!JOSE LUIS BRAGA等注目作多数!


●アカ・セカ・トリオ / トリノ 国内CD 2,600円(税込) (NRT / NKCD1018)

アルゼンチン音楽/現代フォークロア最前線。シーンを代表するグループ、アカ・セカ・トリオによる待望のスタジオ録音新作。

現代アルゼンチン・フォルクローレ・シーンを名実ともにリードするスーパーグループ、アカ・セカ・トリオによる、実に9年ぶりの最新スタジオアルバムが完成。
同国の伝統的な歌のエッセンスに、ジャズ・ロック・クラシック等さまざまなサウンドを融合させた洒脱なサウンドは、数多くのフォロワーを生み出し続けるシーンの雛形であり代表的存在。

優しく伸びのある歌声、正統派ギタリストでもあるフアン・キンテーロは、当グループのフロントマンであると同時に、現代アルゼンチン音楽を象徴する声といえる存在。
静寂さえも表現する希有なピアノ奏者であり、サウンド面の中心人物アンドレス・ベエウサエルトは、南米発の21世紀チェンバー・ミュージックを牽引するキーパーソンでもある。
そしてマリアーノ・カンテーロも、アルゼンチン各地のリズムを武器に様々なプロジェクトに参加する、この世代の第一人者といえるパーカッション奏者。
この3人が奏でる洒脱で壮大なスケール観を持ったアンサンブル、澄んだ唄声のハーモニーは、心が震えるほど美しい。

ここ日本でも過去作やベストアルバムの国内盤CDがリリースされ、またメンバーそれぞれの名義による来日が実現するなど、このジャンルにおけるトップクラスの人気・実力を誇ってきたが、2016年にグループとして初来日を果たしたことをきっかけに評価が再燃。アンドレス・ベエウサエルトは2015、17年にもソロ名義で来日し、東京録音のアルバム『アンドレス・ベエウサエルト』(NKCD-1015)をリリース。フアン・キンテーロは2017年にブラジルを代表するピアノ奏者アンドレ・メマーリとのデュオで再来日、カルロス・アギーレを加えたトリオ作品『セルペンティーナ』(NKCD-1017)を同年にリリース。それぞれがアルゼンチン音楽の枠さえ超越する新しいモデルを提示、南米シーンにおける最注目の音楽家としての評価を確立。

複数のプロジェクトに関わるソロワークも脚光を浴びるなか、世界中のファンが待望してきた新作は、ライブ演奏によってすでに披露されてきたレパートリーを多く含む充実の内容。高度なアンサンブルと演奏技術とともに、この国に脈々と受け継がれる歌の力を結晶化させたような本作は、当グループがシーンのトップランナーであることを再び強く印象づける。

アルゼンチン、ひいては南米音楽に新しい王道を築き上げたことをしなやかに証明してみせた。

Juan Quintero: Voice, Guitar (acoustic and nylon), Ronroco, Pandero cuadrado
Andrés Beeuwsaert: Voice, Piano, Keyboards, Bass, Pandero cuadrado 
Mariano Cantero: Voice, Drums, Percussion, Glockenspiel, Gongs, Pandero cuadrado, Bombo Legüero, Campana, Chol, Djembe, Udus, Citarinas, Tambor con escobilas, Caja chayera, Tormento, Chapas, Platillos, Campanas afinadas, Copas, Efectors




●JOSE LUIS BRAGA / NOSSA CASA 輸入CD 2,376円(税込) (INDEPENDENTE / NOSSA CASA)

これは素晴らしい! LGロペスやルイザ・ブリーナといった面々を擁するミナス新世代の注目バンド、グラヴェオーラの一員であるジョゼー・ルイス・ブラーガが自身名義でのアルバムをリリース。管楽器カルテットによる不況も交えたアンサンブルがファンファーレのように開演を告げる#1、ガラスのマリンバが独特のテクスチャーを描き出す#2、ギンガの系譜を感じさせる独特のハーモニーがアコースティック・アンサンブルと絡み合い躍動する#3、グラヴェオーラのバンドメイトでもあるルイス・ガブリエル・ロペスも参加した#5...。深い霧のなかをたゆたうように、ジョゼのヴォーカルが木霊する淡いサイケデリアが心地いい全8曲。ビートルズ『サージェント・ペパーズ~』のサイケデリアにウアクチの実験精神、ボサノヴァの洒脱でリラックスした雰囲気が加わったような内容は、ある意味で現代のクルビ・ダ・エスキーナ的とも言えるだろう。2018年を代表するといっても過言ではない、注目の作品だ。ミックスとマスタリングはクリストフ・シルヴァらをサポートするミナスの電子音楽家ペドロ・ドゥランエス。

arrange, direction : Rafael Pimenta
produce : Thiakov
mix, mastering : Pedro Durães
recording :  Thiakov, Lucas Mortimer & Rafael Pimenta
Exective produce : José Luis braga & André Mimiza 






●PEDRO GIRAUDO & THE WDR BIG BAND ペドロ / AN ARGENTINIAN IN NEW YORK 輸入CD 2,484円(税込) (ZOHO / ZM201804)

アルゼンチン出身のコンポーザー、ベーシストで現代ラージ・アンサンブルの重要人物と目されるペドロ・ヒラウドが2018年にリリースする2枚の新作のうちのひとつで、ケルンのWDRビッグバンドと共演した作品。自身のアンサンブルとは違い指揮に徹し、13名の管楽器奏者をフロントに据えた大所帯アンサンブルを見事にコントロール。とりわけアルゼンチンのパーカッション「ボンボ」が奏でる特殊な音色がリードするラスト4曲の組曲は圧巻だ。20年以上暮らすNYの多様性をひとりのアルゼンチン人として表現した、現代ラージ・アンサンブルの傑作誕生である。

WDR Big Band are
【Sax】
Johan Hörlén, Karolina Strassmayer, Olivier Peters, Paul Heller, Jens Neufang
【Trombone】
Ludwig Nuss, Shannon Barnett, Andy Hunter, Mattis Cederberg
【Trumpet】
Wim Both, Rob Bruynen, Andy Haderer, Ruud Breuls
【Rhythm Section】
Paul Shigihara (g), John Goldsby (b), Hans Dekker (dr), Bodek Janke (per), Pablo Held (p)





●MINAS / NUM DIA AZUL 【輸入盤CD】 輸入CD 1,944円(税込) (BLUEAZUL RECORDS / NH101280CD)

80年代にインディー・レーベルから密かにリリースされたボサノヴァの名盤「ミナス / ヌン・ヂア・アズール」が遂に世界初公式リイシュー!!!
ブラジルのマイナー・レーベルから密かにリリースされ、一部のコレクターに愛されてきたこの「ヌン・ヂア・アズール」。英語に訳せば「IN A BLUE DAY」という素敵なタイトルどおり、ノースカロライナ州の大学に通っていたブラジル人男性オルランドが、ブラジル音楽に魅せられたアメリカ人女性パトリシアに出会い制作されたというレコードである。二人は夫婦として、いまも音楽活動を続けているが、そんなプライベートないきさつとは裏腹に、デビュー作でありながら内容は極上の一言。アマチュアイズムを適度に残したボサノヴァ黎明期の甘酸っぱい空気感と、全曲捨て曲なしともいえる美旋律のオンパレードが両立した稀に見る一枚として、筋金入りのボサノヴァ・ファン、ブラジル・レコード・ファンには愛されてきた一枚として知られている。とはいえ当時はほとんど話題にならず、ほとんどを処分してしまったためか、このオリジナル盤を手に入れることができた人は本当に一握りであった。今回再発が叶ったのは、そんな数少ない所有者達やどうしても入手したいという熱烈なファンからのラブコールが本人たちに届き、目出度くオフィシャル・リイシューとなったようである。
冒頭からいきなりのハイライト・トラックといえるだろう。可憐なパトリシアのヴォーカルに、ボサノヴァ×ジャズ的な演奏が絡み合い、オルランドのヴォーカル、そしてフルートのソロが挿入される表題曲"NUM DIA AZUL"、サックス・ソロ~サンバ・アンサンブルが挿入されるインスト・ジャズ"SAMBA WALK"、ミナス的な浮遊感も感じさせるオルランドのヴォーカル・トラック"CANCAO DA CHUVA"、パトリシアのスキャットをフィーチャアした"CHORO SAMBAIAO"、言わずと知れたジョビンの名曲"SO DANCO SAMBA"、"THE GIRL FROM IPANEMA"、バーデン・パウエルを思わせるギターを中心にしたジャズボサ・トラック"SINAL VERDE"...。
彼らが影響を受けたというブラジル/アメリカで活躍した先人たち、アントニオ・カルロス・ジョビンやセルジオ・メンデスのエッセンスを感じさせつつもプライベート盤ならではの親密な雰囲気を残したその奇跡的な内容は、全ブラジル音楽ファン必聴といえる内容だろう。今回のCDにはBONUS TRACKとして"SAMBA WALK"の未発表VER.を収録。






●5 A SECO / SINTESE 輸入CD 2,268円(税込) (INDEPENDENTE / 5ASECO03)

若手SSWが横一列になって演奏し歌うサンパウロの5人組シンコ・ア・セコ待望の新作!そのルックスもさることながらそれぞれがSSW、演奏家としても超一流という音楽大国ブラジルらしいグループ。現地では若い女性を中心に絶大な人気を誇っているが、例えばメンバーの一人のト・ブランヂリオーニはアントニオ・ロウレイロの新作のプロデューサーも務めるなど、ミュージシャン・レベルでも非常に信頼の篤い面々。新作もこれまでの路線同様にウェルメイドなロックといった感じだが、テクスチャアやビートは確実にアップデートされ、5人それぞれの個性を際立てている。録音はDDG4のチアゴ・ハベーロと、マニ・パドメ・トリオのヒカルド・モスカ、写真はダニ・グルジェルの撮影。

5 A SECO : leo bianchini, pedro alterio, pedro viáfora, tó brandileone, vinicius calderoni







●JULIANA RODRIGUES / MNEMOSINE 輸入CD 2,376円(税込) (INDEPENDENTE / 1JCR17)

これはジャズ・ファンにも推薦! 美人女性ピアニスト、ジュリアナ・ホドリゲスによるピアノ・トリオ好作品。サンパウロ出身ながらアイルランドで音楽の学位を取り、バークリー並びにブラジルでもソウザ・リマ等で学んだ才媛。クラシックからジャズ、ラテン、ブラジル音楽など様々なバンドの経験がオリジナルの作品に活かされている。ベースはベンジャミン・タウブキンの息子、ジョアン・タウブキン。

Juliana Rodrigues - piano e composições
João Benjamin - baixo acústico
Abner Paul - bateria 





●BRUNO VELLOZO / ACREDITAR 輸入CD 2,376円(税込) (INDEPENDENTE / 7898627085080)

ミナス新世代ジャズの中核を担うにまで成長したベーシストのブルーノ・ヴェローゾがリーダーとして初のソロ・アルバムをリリース。シーンを代表するドラマーであるフェリピ・コンチネンチーノや、ハファエル・マルチニと双肩をなすピアニスト、マルクス・アブジャウヂらが参加。マルクス・アブジャウヂのフェンダー&シンセのトーン、プリッピ名義でIDM作品をリリースしているフェリピ・コンチネンチーノの現代的なビート感覚など、エレクトリック・ミュージックからの影響と、ミナスらしいメロディアスな楽曲を洗練されたアンサンブルで聴かせる全8曲。進化し拡張する2010年代のミナス産ジャズ傑作だ。

Bruno Vellozo : Acoustic & Electric Bass, All compositions
Breno Mendonça : Sax
Felipe Continentino : Drums
Felipe Vilas : Electric guitar
Marcus Abjaud : Fender rhodes, Synth




●NAIRE / NAIRE (1974) 輸入CD 2,268円(税込) (DISCOBERTAS / DBSL049)

DISCOBERTASレーベルによるブラジル音楽名盤復刻シリーズ第5弾!ブラジル音楽ファンにはジャイミ&ナイールの一員としても知られるSSWのナイールが1974年に残した、木漏れ日系サイケ・フォークの知られざる名盤がついに初復刻。

Naire - Obscuro álbum de um artista sensacional, lançado sem alarde pela RGE em 1974. Inúmeras parcerias com Paulinho Tapajós, arranjos de Luiz Claudio Ramos e uma ficha técnica invejável fazem desse CD um item obrigatório.

★DISCOBERTAS復刻シリーズ第5弾の特集ページはこちら!
http://diskunion.net/latin/ct/news/article/0/72976



要チェック最近の入荷情報!
エルメート"/ 
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】OUTRO TEMPO【特濃ブラジル霊性音源集】/LO BORGES
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】シェニア・フランサ / MARMOTA / DOS CAMINOS-DUO
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】SO ABRA / CUARTETO ORIENTAL / RODOLFO MEDEROS 
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】シルビア・イリオンド / ティエラ・シン・マル
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】「EDU PASSETO & GUI TAVARES 」「RODRIGO TAVARES / CONGO」「ロウレンソ・ヘベッチス 」「IVAN LINS & GILSON PERANZZETTA 」
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】PUEBLA (ARGENTINA) / LA TRAMA DEL OS CONFINES

ラテン、ブラジルのCD、レコード専任担当スタッフが高価買取します!
買取はディスクユニオン町田店にお任せあれ!担当:佐藤

■即日対応可能!まずはご相談くださいませ!
〒194-0013 町田市原町田4-9-8 町田シエロ1F
ディスクユニオン町田店
TEL:042-720-7240
買取専用フリーダイヤル:0120-177-249
(携帯からは042-720-7249)
営業時間:11:00~21:00 365日年中無休
(日祝11:00~20:00)

営業時間:11:00~21:00 (日祝11:00~20:00)

小田急線・横浜線 町田市・東京・神奈川近郊にお住まいのみなさま!高価買取いたします!
CD LPレコード アナログ DVD ブルーレイ 音楽本 音楽書籍などの買取行って おります!
代々木上原・下北沢・経堂・成城学園前・向ヶ丘遊園・新百合ヶ丘・町田・相模大野・海老名・本厚木・秦野・新松田・小田原など出張無料査定いたします。
CD、LPレコードの買取は50年の中古査定実績、安心・信頼のディスクユニオンへお任せください。

高価買取リスト公開中!



友だち追加数