【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】SO ABRA / CUARTETO ORIENTAL / RODOLFO MEDEROS / キップ・ハンラハン




●SO ABRA / LA ILUSION DETRAS 輸入CD 2,052円(税込) (INDEPENDIENTE (ARG) / SA2018)

前作ではギンガの楽曲を取り上げるなど多様な音楽性を持つブエノスの6人組バンドによる2011年以来のセカンド・アルバム。本作もエルメートやアカ・セカ・トリオを彷彿とさせるカテゴライズ不能かつ難易度の高い楽曲からウルグアイのカンドンベ、ブラジルのサンバを取り入れた爽やかな楽曲などを次から次へビシバシ決めていく痛快な内容だが、なによりも彼らを特徴付けているのがギター兼ヴォーカルの3人がサウンドの中心になっている点だろう。キラキラとしたギターが重なり合うような木漏れ日感は減退し、エレキ・ギターとエモーショナルなヴォーカルがもたらすオルタナ成分が増幅。新しい世代らしいオリジナリティを強く感じさせてくれる。ギターの復権がまことしやかに囁かれているここ数年の世界的な音楽トレンドに同調しているのも、おそらく彼らの高感度なアンテナの賜物だろう。まだまだ進化しそうな要注目のバンドである。 




●CUARTETO ORIENTAL / SIN CORBATA 輸入CD 2,160円(税込) (PAI / 7798041979838)

ヤヒロトモヒロとのデュオで毎年来日し、日本でも多くのファンを持つウルグアイ随一のミュージシャンであるウーゴ・ファトルーソの新作は自身が率いるカルテット、クアルテート・オリエンタルのデビュー作。ダニエル・マサ、レオ・アムエドら気心の知れた名手を迎え、演奏技術や息の合ったアンサンブル、そしてウーゴ・ファトルーソお得意の桃源郷感溢れるシンセ・サウンド、トニーニョ・オルタにも通ずる浮遊感溢れるヴォイシングを聴かせる実に素晴らしい作品。

ジャケットと同じデザインのエンボス加工インサートも良いです。

Daniel Maza Bajo eléctrico
Hugo Fattoruso Piano y tecaldos
Leo Amuedo Guitarra
Fabían Miodownik Batería
Producción ejecutiva Marcelo Crespo
Producción musical Cuarteto Oriental
Obras graficas y diseño Mili Rabasa








●RODOLFO MEDEROS Y GENERACION CERO / FUERA DE BROMA 輸入CD 2,052円(税込) (VIAJERO INMOVIL / RP073VIR)

アルゼンチン屈指のバンドネオン奏者、ロドルフォ・メデイロスが1973年に録音し1976年にリリースされたアルゼンチン・ジャズ・ロックの歴史的名作が嬉しいCDリイシュー。ロドルフォほかバンドネオン奏者を計3名フロントに配した特殊な編成で、タンゴからファンク、ジャズ、イージーリスニングまでを自在に横断する多彩な音楽性を披露。世界中の様々な音楽が進化を遂げていた1970年代、南米アルゼンチンではどういった試みがなされていたのかを知るという意味でも非常に貴重な作品と言えるだろう。

Daniel Binelli : Bandoneon
Juan Jose Mosalini : Bandoneon
Rodlfo Mederos : Bandoneon
Arturo Schneider : Sax, Flute
Ricardo Salas : Bass
Jorge Pocho Lapouble : Drums





●キップ・ハンラハン / クレッセント・ムーン 【KIP HANRAHAN IS BACK!ニューヨーク音楽シーンの重鎮、キップ・ハンラハンが7年間の沈黙を破り、混沌とした音楽界に放つ新たなる問題作】 国内UHQCD 2,592円(税込) (MUZAK、AMERICAN CLAVE / MZCA1368)

KIP HANRAHAN is Back!
ニューヨーク音楽シーンの重鎮、キップ・ハンラハンが7年間の沈黙を破り、混沌とした音楽界に放つ新たなる問題作。
1970年代最後の年にニューヨークで最も治安が悪く危険な地区とされていたサウス・ブロンクスで産声をあげたインディ・レーベルAmerican Clave。オーナーのキップ・ハンラハンは当時気鋭のプロデューサー、ミュージシャンとして注目を集め始めていたタフな男。この30数年間で彼が世に送り出してきた数々の作品は芳醇な香りを放つハイブリッドなサウンドで、そのどれもが聴き手の耳と感性を刺激してきた。キップ・ハンラハンの今を伝える7年ぶりとなるこの新作からも時代の空気の淀みを掬い取ったようなクールで濃厚な彼のメッセージがじんわりと伝わってくる傑作!
「何の情報もなくこのアルバムを聞かされたら、ラテン音楽やジャズの好きな趣味のいい誰かが作ったプレイリストをシャフル状態で聞いているかな、と思うかも知れません。曲のタイトルを見ると絵のキャプションのように見えます。「このコンガの演奏はすごいね…」、と気づいてピンとくるものがあるかも知れません。かつてブルーノート東京で見た「ディープ・ルンバ」を思い出す。その時ステージの周りを常に神経質そうに動きながら演奏を見守っていた中年男、キップ・ハンラハン。誰も見たことがないような映画のサウンドトラックといった印象のアルバムを得意とするユニークな音楽の世界、決して万人向けとは言えませんが、一度その魅力を感じたら必ず耳を傾けたくなる存在です。かなり久しぶりのこの新作では、タイトルの写真の隅っこにあるイメージが制作意図を示唆するポイントのようです。よく見てください。」~ピーター・バラカン
「久々に届いた新作を聴いてみると、そこには僕が好きだったキップの音楽があった。スティーブ・スワロウもいれば、ジャック・ブルースもいるし、ブランドン・ロスもいるし、なんとチコ・フリーマンもいる。前のアルバムが出た時にも感じたが、キップの音楽は、作品を重ねてもそんなに変わってないように思えるのに、新しくはないが、古びもしないままで、新作にはその新作が出たタイミングに合ったリアリティが感じられる。いつものままだが、今聴いても自然なのだ。そんな不思議な感覚は本作にもある。とはいえ、そこにはきちんと変化の理由がある。こんなリズムは今までのキップにはなかっただろうという曲がしれっと入っていたりするし、クレジットを見ればJ.Dアレンのような現代のUSジャズシーン屈指の名手がいたりもする。何も変わらないようでいて、何かが変わっている。何かがアジャストされている。それが意図的なのか、肌感覚のたまものなのか、天然なのかは別にして、これが今のキップのリアリティであり、それは今の時代の雰囲気ともきちんと共振している。つまり、これは今、2018年に聴くべきキップ・ハンラハンの音楽なのだ。」~柳樂光隆(Jazz The New Chapter)
「不覚にもこの新譜を聴いた時、随分懐かしい音を手にした、そんな感触があった。キップの、NoNew Yorkとブロンクスの、パーティー・ミュージックではないラテン・ミュージックからの反撃、”Coup de tete”のテクスチュアーが聴こえると、感じた。一瞬、PCから開封前の輸入盤の匂いが漂った、とさえ感じた。一曲目のコンガ、ベース、サックスソロ、そしてブランドン・ロスの声に、呟きに似たCoupの、キップの声が重なるーつまり、全てはアメリカン・クラーヴェのサウンド、マナーそのもの。キップにもない、ブランドンにもない、コンガにもない、ロビー・アミーン、エル・ネグロ、フェルナンド・ソーンダース、ジャック・ブルースにもない….、しかし彼らだけが、一堂に会したとの時にだけ醸し出す匂い、のようなグルーヴ、サウンド。ここにしかないエキゾな、アメリカン・クラーヴェのコレクティヴネス。」~高見一樹
(新譜案内より)
Personel:
Kip Hanrahan (direction, prec.) Michael Chambers (el-g, vo)
Brandon Ross (vo, g, el-g, banjo) LuisitoQuintero (congas, timbales, perc. )
Charles Neville (ts) Milton Cardona (congas) Steve Swallow (el-b)
J.D. Allen (ts) Craig Handy (ts) Jack Bruce (vo, el-b) Chico Freeman (ts)
Mario Rivera (bs) Dick Kondas(audio engineer) Robby Ameen (trap ds, perc)
YuniorTerry (b) Lucia Ameen (vo) Anthony Carrillo (congas) Richie Flores (congas) Andy Gonzalez (b) Xiomara Laugart) (vo)Fernando Aunders(sl-b, vo, cello, g)
Josh Sinton (bs) Alfredo Triff(vln)Roberto Poveda(vo)
David Rodriguez (tape, sound effects)Lucy Penabaz(vo)
Giacomo Merega(el-b) Grayson Hugh (vo) SentiToy (vo) Ignacio Berroa(congas)
Giovanni Hidalgo (congas) Steve Berrios (congas)





友だち追加数