【絶賛発売中】 Beatles gear 写真でたどるビートルズと楽器・機材の物語1956~1970 *11年振りの新装・新訳版の刊行決定!



Beatles gear *11年振りの新装・新訳版の刊行決定!
写真でたどるビートルズと楽器・機材の物語1956~1970

アンディ・バビアック:著
発行:DU BOOKS
256ページ 並製
予価:5,500円+税 
ISBN 978-4-925064-97-2 C0073
発売日:2014年04月18日


■紹介
ポール・マッカートニー、奇跡の11年ぶりの来日!世界中のビートルズファンが大絶賛した名著、こちらも11年ぶりの待望の新装・新訳版の刊行にむけて、鋭意制作中!!


左利きだったボールの楽器へのこだわりなど…。
本書を読めば、ビートルズがどれほど楽器を愛し、深い知識を持ったミュージシャンだったかがわかります


1950年代のスキッフル・グループ、クオリーメン結成~1970年ビートルズ解散までの
使用楽器・機材を綴った名著『Beatles gear』(2002年 リットーミュージックより
刊行)が、11年の時を経て新訳で登場します!


「彼は割れないという保証つきのギターを弾いていた。そんなに質のいいものじゃなかった。でもうまく演奏していて、感心したのを覚えているよ」ポール・マッカートニー、ジョン・レノンと出会ったときのことを回想しながらギター、アンプ、ドラム、キーボードなど、結成から解散までに使用した楽器や機材を網羅し、4人の貴重な写真とともに、新鮮なビートルズ史を描いた究極のヴィジュアル図鑑。


 本書の特色
①400人以上の関係者インタビュー、メンバーの証言とともに、実際に使用した楽器・機材を解説した決定版!
②結成直後のビザールな楽器から当時の最先端機材まで、60年代のヴィンテージな機材写真が満載!
③楽器に注目することで初めて目にする4人の姿や、発掘された思い出の品々が新しいビートルズ史を描く。


本書では、ビートルズのメンバーがキャリアスタート時に使用していた安価なものから、1960年代のテクノロジーが詰め込まれたものへの変遷を、メンバーと関係者の証言、実際に使用した楽器・機材の貴重なデータや写真とともに紹介。

多くのビートルズ関連書籍のなかでも、ここまで楽器・機材に焦点を合わせて詳細に語られたものは珍しく、ミュージック・クリエイターとしてのビートルズの新たな魅力を発見できる、ファンにとっては見逃すことのできない1冊。1960年代の楽器・機材についても理解を深めることができるので、ヴィンテージ・マニアも満足の内容となっている。

著者のアンディ・バビアックは、膨大な資料を収集・検証、さらには400人以上にお よぶ関係者インタビューに基づき、6年の歳月をかけてこの本をまとめ上げた。



■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
〒194-0013 町田市原町田4-9-8 町田シエロ1F
ディスクユニオン町田店
TEL:042-720-7240
e-mail :
dm@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00 (日祝11:00~20:00)

友だち追加数