高価買取リスト!(ROCK/PUNK/METAL/CLASSIC)

【予約】【特典あり】6/19発売フラワーメグ、幻のセカンド・アルバムが遂にリリース決定!!

 
歌謡曲番外地シリーズ最新作!!
幻のセカンド・アルバムが遂にリリース決定!!


小さい頃に叔父さんの部屋にこっそり忍びこんだら、綺麗なヌードの女のひとのピンナップが貼ってあったりして、何だか見てはいけないものを見てしまったような気がしてドキドキしたものですが、メグさんの唄を聴いていると、そのときの記憶がブワっと蘇り、不思議な郷愁の念にかられます。
メグさんが唄う、「さすらいのギター」は「いけない女の子ね」と甘い声でささやきながら、背徳の世界へと手招きしているような詞世界を見事体現されているような気がします。ヴェルヴェッツのカバーを唄っていても退廃的にならず、言葉の一粒一粒が濡れているような感じがメグさんの魅力だと思います。どんな曲を唄っても、可愛くて、ソフィスティケートされていて、それでいて、ちょっと不良っぽい感じが、たまらないですね。
メグさんの唄声を聴いていると、わたしのDNAの中にある、どうしようもなく言葉にならない何かが刺激され、疼くのです。
渚ようこ-----

彼女の幻のセカンド・アルバムは吐息まじりのキュートなセリフで幕を開ける。小山ルミの名唱でも知られるベンチャーズ歌謡「さすらいのギター」はバリバリのガレージ・サウンド。正攻法で歌っているのに語尾が色っぽい「愛のさざなみ」、ため息に絡むエロティックなサックスがとってもシャバダバなラウンジ歌謡「わたしのキライなもの」、極めつけの悩殺唱法でスタートするリンジー・ディポールの「sugar
me」、そして白眉はヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「Sunday Morning」と、あらゆるタイプの歌が並んでいるが、フラワー・メグの吐息唱法にかかると、たちまちサイケでアバンギャルドな1971年に連れ戻される。歌う回転ベッドのめくるめく快楽。遅く起きた日曜の朝、このアルバムをかけてみてほしい。いつまでもウダウダしていたくなる心地よさがある。
馬飼野元宏(映画秘宝) -----


選曲・監修 高 護(HOTWAX)
豪華ブックレット秘蔵写真満載


6月19日発売
◆ フラワー・メグ / ささやき・ためいき・もだえ 第二集
JPN / CD / 1,890円(税込)


■■ ディスクユニオン オリジナル特典 ■■
本作をご予約/お買い上げのお客様に、先着で “ フラワー・メグ キスマーク&サイン入りポストカード ”
を差し上げます。

※特典が無くなり次第終了となります。

■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
〒194-0013
町田市原町田4-9-8 町田シエロ1F
ディスクユニオン町田店
TEL:042-720-7240
e-mail : dm@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00 (日祝11:00~20:00)

友だち追加数