DISKUNION PRESENTS...BEST DISC 2006!(from MACHIDA)

今年のクラブ・シーンを賑わせた盤から町田店スタッフの独自チョイスで選んだものをご紹介。

☆☆☆☆☆

MARTIN BUTTRICH
Full Clip
MARTIN BUTTRICH.jpeg

完全復活を遂げたPLANET Eの象徴的1枚! CARL CRAIGもヘビープレイとの事で、それもそのはずCRAIGの一番アッパーな部分を吸い出したような、かっこいいシンセのシーケンスがループして上り詰めるハマりもののタイトル曲"Full Clip"!! さらに、逆サイドの"Programmer"も、ささやくような女性ポエトリー声をバックに、スペーシーなダブ音とどこかエキゾチックなリズムパターンでズブズブとハマってゆきます...

JUSTUS KOHNCKE
Advance
JUSTUS KOHNCKE.jpeg
安心のKOMPAKT印におごることなく、色々なスタイルの音源をリリースしたKOMPAKTでしたが、このJUSTUS KOHNCKEによる"Advance"は各方面で人気が高かった一枚!! MICHAEL MAYERいわく、「すごくヴィンテージな音をつくる」という彼ならではの生っぽいこだわりのリズム・パートと煌びやかなシンセ、斬新な音響処理が巧みな、今の時代の気分を反映させたディスコ・テックチューン! 今年リリースの数々のMIXにも収録されまくっておりますの。

DOMINIK EULBERG
Bionik(Guy Gerber Rmx)
Bionik(Guy Gerber Rmx).jpeg

激ヤバメランコリー!! 即・ゲッツ!!!!
独TRAUM勢の中でも一際目立った音作りのDOMINIK EULBERGがSVEN VATHのCOCOONからリリース。何を差し置いても"GUY GERBER"によるREMIXが良すぎ!!! 繊細な各部の音に、ゆっくりとコズミック系のメランコリア炸裂なメロディーが挿入! トビ系のSEやダブ音響まで繰り広げられる大河ドラマ的展開!! オリジナルもいんですけど、REMIXが素晴らしすぎ!!! 彼は要チェックです、GUY BERBER!!!!!
69
Pungtang
69 PUNGTANG.jpeg
2005年リリースされた歴史的傑作コンピ「Electric Institute」に収録されたCARL CRAIG未発表音源が待望の12"化!CARL CRAIGが69名義で、カセットのみでリリースしていたデトロイトファンには、伝説とまでされていた音源が2005年リリースされた傑作コンピ"Electric Institute"に収録され、2006年、遂に待望の12"化!しかも、"SUB SEDUCER"の未発表MIX、名曲中の名曲"DESIRE"、"PUNGTANG 2"までも一緒に収録という、DETROIT TECHNOファンには涙モノの一枚。今聴いても全く古さを感じさせない、完成度の高い傑作トラックばかり。CARL CRAIGはやはり天才だった。

KAITO カイト
Hundred Million Light Years
Hundred Million Light Years.jpeg

やはりこの人を置いて2006年ベストディスクは語れません。 a.k.aワタナベヒロシ氏ことKAITOの4年振りの入魂の2ndアルバム「Hundred Million Light Years」からのシングルカット! 毎回ジャケで登場するカイト君の成長ぶりも楽しみながらKAITOワールドを満喫しましょう!彼らしい美メロシンセとフルートの柔らかいフレーズが心地よく包みこむスエニョラティーニョ的な、はたまたホイッスルソング的な"Hundred Million Light Year"に、透明感と浮遊感が絶妙かつストーリー性のある展開がドラマティックな"Your Brilliant Flowers"どちらもKAITO節炸裂の1枚! やはりKAITOはAM3:00以降に聴きたいっすねぇ~。

SOLU MUSIC FT.KIMBLEE
Fade (Grant Nelson Remix)
SOLU MUSIC FTKIMBLEE.jpeg

もともと聴かせるテイストが強かったオリジナル"Fade"をベテランGRANT NELSONが見事にアッパーテイスト溢れるピークタイムチューンへと変化させたことでアッパーハウス方面からも物凄い大反響となりました。ふと聴いた段階ではあれ?これは"Strings Of Life"の新しいリミックスかな?と思わせる感動のシンセ/ストリングスを散りばめたトラックとダブバージョン的な"Bimbo Jones Strings Remix"に加えオリジナルももちろん収録、お徳パックとなっております。

FELIX LABAND
Whistling In Tongues (Todd Terje Remix)
FELIX LABAND.jpeg
LINDSTROM、PRINS THOMASとともに北欧ハウスシーンを支えるTODD TERJEによるバレアリック汁流れまくりのナイス・リミックス!!!!
ある種、バレアリックの王道っちゃあ王道な音色ですが、ハーモニーのバランス感といい、リズムの鳴りといい、聞けば一発で盗まれますよ、あなたの心を!!!!

FRANCOIS K.
Frequencies
Frequencies.jpeg
DEEP SPACEシリーズの最新作。AME、NATHAN FAKE、CARL CRAIG、MATHEW JONSON、SLEEPARCHIVE、HUNDRED BIRDSなどのヒットトラックに混じって、DERRICK MAYとのユニットCOSMIX TWINSの新曲も収録。聴き所多すぎです。しかし、DISCOシーンから出てきた大ベテランがクリック、エレクトロにまで到達してしまうことにFRANCOISのセンスと時代の流れを感じますね。

JOAQUIN JOE CLAUSSELL MEETS MANUEL GOTTSCHING
Deep(er) Distance
Deep(er) Distance.jpeg
幻の作品として知られる96年リリース「Private Tapes」シリーズに収録されていた"Deep Distance"と"Ain't No More Time For Tears"をJOE CLAUSSELLlがエディットを施し、新たな息吹を吹き込んだ。また近年特にハウスシーンで人気再燃化している"Shuttle Cock" (Blackouts)のライヴテイクを収録した超強力盤!E2-E4をはじめ数々の名作を手がけたMANUEL BOTTSCHING、そして今やダンスミュージック界において人気/実力共に頂点に立つ男JJOE CLAUSSELLの奇跡とも言える出会いがこの1枚に凝縮されている。おやすみのお供に・・・。友だち追加数
Trackback
トラックバックURL: