Japanese Synchro System・・・

JSS1.JPG
Japanese Synchro System(売切)
VOL.1であります。我が国が世界に自信を持って送る一枚! その後リリースされたアルバムと比べてもこの一枚がイチバンー、脚が動く! "Original Mix"は、コトバと音によってぐんぐんと加速する感覚に肉体と魂は高みに達する!! LOS HERMANOSのGERALDによるMIXは、素晴らしい音楽性を表現した力作。

JSS2.JPG
Xtension/High Touch
VOL.2です。80年代後半から90年代初頭のDEEP HOUSEに対して敬愛を込め、丹念に作りこまれたインスト作品! "X-TENSION"は、エクセレント過ぎる透明度の高い旋律に、エレガントなピアノが乗っかるアーバンテイストの激ディープ・ハウス!!!
カップリングの"HIGH-TOUCH"は、BPM110前後でまったりと進行、CALMのテイストで奏でられるキーボードとストリングスのコンビネーションが極上のアフターアワーズ空間を演出!! BOSSが敬愛してやまない、"BODY & SOUL"への”ラブ・オマージュ"ですよ、コレは!!!!
JSS3.JPG
Check It, Spread It
VOL.3です。飛ぶ鳥を落とす勢いのJ.S.S.。これまではインスト中心だったJSSですが、ここに来てラップを乗せてきたILL-BOSS。 HERBEST MOONサイドにより近しい、ダンスフロアでの共闘を強烈な意思ではっきりとリリックに表現する、まさに"魂の解放"!!!!
そして、INNERZONE ORCHESTRAとしてもお馴染みのDETROIT の奇才Carl CraigがRemixで参加。ディープな4/4ハウスを披露。

JSS4.JPG
Let's Go Bang
VOL.4です。いよいよ姿を現したアルバムの冒頭を飾る"LET'S GO BANG"。ブルースの香りがするハーモニカ、出音好調な重ベース音、キーボード、クラップが一体となってダブの海に沈み込む展開。後半にはTBHポッセによるパーティーの"ガヤガヤ"な音をミックス!!! これまでとは違った切り口のパーティー賛歌!! "PURE WATER IN DEEP RIVER"は流れる大河のようなピアノソロ、ストリングスによる調和が保たれたアンビエンスなトラックに、ILL-Bの"私たち"に向けられた優しき言葉が散りばめられた、未来を見据えた名曲。これは至極の一枚です。

JSS5.JPG
A Day In The Life
VOL.5です。12"シリーズ中最もシリアスさが浮遊する"A DAY IN THE LIFE"をカット。漂うゆるめのキーボード。よく締まったハイハット。アンニュイなフレーズの反復。やがて現れる自由度の高いフルート。後半に向けてゆっくりと絞り込まれるフィルター。再び開かれるころには澱みのないピアノが鳴らされる。そんな物語性のある12分間の一つ一つに、幾多の夜を抜けてきたものたちならば分かり合えるメッセージをILL-Bは詠う。音楽におけるやさしさのひとつの到達点。

☆☆☆☆☆
CDは2タイトルですね。

JSS SIBGLE.JPG
Foundation
先行CDシングル。ここまで日本語を駆使した"カッコいい"ダンスミュージックがあっただろうか!!!
リードトラックとなる①、滑らかな絹のようなシンセとセクシャルな臭いすら感じるベースラインを含んだ高速ハウスビート。脳内に浸透していく言葉とピアノの音色によって空間はエクスタシー一色で塗りつぶされる!!!
一転②。反響するサックスとベース音、反復されるマシンビート。ストリングスのように響き渡る女性Voでの"やわらか"なブレイクは、やさしさを感じずに踊ることは出来ない。
そして③。ピアノの旋律によって紡がれていく"ものがたり"。音色を犯さない程度に加えられる音響と電子音。母性的に包み込むようにエレガントなのだ。
3曲全てが違う方向を向きながら、ひとつの価値観で束ねられた、強い意志を感じるミニ・アルバム!!

JSS ALBUM.JPG
Elaboration
「正直、ストレートに語ることの恐ろしさを解っていなかったね」とはILL-Bossの言葉。
そーれーはーアイッ♪ そりゃ、シラフで愛を語ることはスゲー根性が入るのは皆さんご存知。日本人は恥の文化ですからね。でもやるんだよ!!!!(BY 根本敬)
②では魂の解放を、④では幸福の共感を、⑧では永遠と瞬間を言葉に乗せる。そして⑦。たどたどしい小学生の朗読。しかし確かなメッセージ。
これまで、LARRY LEVAN、JOE CLAUSSELL を始めHOUSE シーンでは語り尽くせないほど語られてきた普遍的な価値観。そして、BOSSの言葉を後押しする、CALMによる透明度の高いプロダクション。溶け合う人類共通の美しさ。
幾万にも重なりつづけてきた人類史に残すべき、愛のコラボレーション、すなわちラブ・エボリューションですよ!!

☆☆☆☆☆

担当スタッフの偏愛が見え隠れするコメントでえらいスンマセン。今年はipodにてフル・スピン中です。勿論来年は待望の3rd Albumですね、Blue Herbの。詳細判明しましたらこちらでも告知いたしますので、どうぞよろしくお願いします。友だち追加数
Trackback
トラックバックURL: