本年度最注目レーベルのひとつ!SLOW TO SPEAK からのMIX-CD【ELKTION PROPAGANDA】絶賛発売中!!!

STS.JPG
SLOW. TO SPEAKからコンセプチュアルなMIX-CDが入荷!
NYはBROOKLYNに拠点を構えJOE CLAUSSELLとも関わりの深いSLOW. TO SPEAKから、争いの絶えない世界情勢へ対してのアンチテーゼとも取れるコンセプチュアルなMIX-CDがリリース。SONICRESINTANCE BY BASIC CHANEL, MONOLAKEからTHEO PARRISH, MOODYMANN,そしてGIL SCOTT-HERON,TERRY CALLIER,PHAROAH SANDERS...KANYE WESTまで新旧/ジャンルを問わず多くのアーティストの楽曲を選曲。また同レーベルからレコード限定でリリースされJOE CLAUSSELLのMIX-CD "TRANSLATE"にも使用された多くのSE/ナレーションを絡め、一曲、一曲の選曲とナレーションで上映される音の映像...これはDJ文化が生み出した一つの表現でありメッセージ、一聴の価値、有り!是非感じてみてください。

[収録曲]
1. Basic Channel - Phylp Base
2. Weathermen - Flanagan Deleted
3. Rotating Assembly - Orchestra Hll
4. F.911 - Senate Missing
5. Eddie Gale - Rain
6. Sprit - Ice
7. Gil Scott Heron - Winter In America
8. UNiversal Tongues - What Do You See?
9. Terry Callier - Lament For The Late A.D.
10. Pharoah Sanders - Village Of The Pharoah's
11. Moodyman - Stairay 2 Heaven
12. Kanye West - Jesus Walks
13. Celestical Choir - Stand On The Word
14. Theo Parrish - Major Moments Of Instant Insanity
15. Monolake - Tetris
16. Undisputed Truth - Smiling Faces Sometimes
17. Kool & The Gang - Here After
18. Eddie Kendricks - My People...Hold On
19. Barnardine Dohron - Endress Rebellion

『SLOW. TO SPEAK...』
2006年、BODY&SOULのレジデントDJでもある JOE CLAUSSELLが発表したMIX-CD"TRANSLATE"に使われたアカペラ、インフォメーション、トラックのレーベルとして注目を浴びる。JOE CLAUSSELL主宰レーベル"SPIRITUAL LIFE MUSIC"傘下"NATURAL RESOURCE"からのリリースもあった UNIVERSAL TONGUES (THE ART OF WARはTBHR/DJ DYEによるMIX-CD TIGHT VOL.9にも収録)のメンバーFRANCIS ENGLEHARDTとPAUL NICKERSONの二人によって立ち上げられたレーベルと思われる。NYはBROOKLYNのRECORD STORE『DOPE JAMS』を活動拠点にDJツールにもなり得る前述のアカペラ、インフォメーション集を含めた3枚のオリジナル音源と BJORK / U2 / DAN ELECTROのREMIXをレコードでリリースしている。


『RECORD』
オリジナル・トラックは世界で起きた災害やチェルノ・ブイリ原発事故の惨劇を題材に叙情性あるインダストリアルなサウンドで圧倒的存在感を披露し、REMIX音源に関しては元の楽曲に内包するものを崩さず新たな息吹を注ぐ原曲に忠実な仕上がりとなっている。


『CD』
一方CDではMIX-CDという形態で"LIVE AT THE LAVA BAR"というDJ LIVE音源をリリース。これはPatrice Russen "Forget Me Nots"に始まりHALL & OATES"I Can't Go For That(Ben Liebrand Remix)"~ Rolling Stones"MISS YOU"とじっくり展開しシメはManuel Gottsching"E2-E4"とNYガラージ直系の選曲をLOFTスタイルでMIXしたシンプルにも味わい深い内容となっている。そして"ELKTION PROPAGANDA"では自身のレーベルからのリリースもあったアカペラ、インフォメーションを多用し時代とシンクロした選曲からひとつのストーリー(メッセージ)を導きだすMIX-CDで新たな創造を提案している。これらの作品群からは便利性や効率の良さを前提に全てがデジタル化され、簡易化されていく現代社会の中で"人として忘れてはならないもの"を音楽を通じて表現する彼らの姿勢も感じられる。『SLOW. TO SPEAK』彼らの音楽は今後も目が離せない。友だち追加数
Trackback
トラックバックURL: