【LATIN/BRAZIL/WORLD新着入荷情報】KIAI GRUPO/BETO CORREA/RAFAEL LOPES



●RAFAEL LOPES / O VIAJANTE IMAGINARIO 輸入CD 2,268円(税込) (INDEPENDENTE / 7899989907041)

ポルト・アレグレを拠点にサンパウロでも活動するギタリスト、ハファエル・ロペスの2017ソロ作。アコースティックとクリアトーンのエレキを使い分けたまるで詩のようなアンサンブルに、ときおりヴォイスでハミングするなどペドロ・マルチンス的なよさも!1. Silver City
2. Canto Dos Mambembes
3. Invisible Reason
4. Três Destinos
5. Santiago
6. Cidade Delgada
7. Cloe
8. Saint Charles





●KIAI GRUPO / ALEM 輸入CD-R 2,160円(税込) (ESCAPULA / 7898600450348)
CD-R商品は、一部の機器(パソコンなど)で再生・読み込みの際に不具合が生じる場合がありますので、予めご了承ください。

ブラジル南部リオ・グランヂ・ド・スル州を拠点とする透明感のある音色が特徴的なジャズ・ピアノ・カルテット。ポルト・アレグレなどと並び、独特かつレベルの高い器楽音楽シーンが存在するブラジル南部だが、彼らもそんなグループのひとつで、影響を受けたアーティストとしてHermeto Pascoal, Egberto Gismont. Trio Corrente, André Marques, Edu Martins, Julio Herrlein Arnold Shoenberg, Miles Davis, John contrain, Bill Evans, Keith Jarret, Esperanza Spalding, Brian Blade, Jack Dejohette, Pat Metteny, Kurt Rossewinkel, Jaco Pastorius, Thiago do Espirito Santo, Zimbo trio, Lionel Loueke, Chick Corea, Kiko Freitasなどをあげるなど、ブラジル音楽の王道ともいえる部分と極めて現代的なセンスまでを咀嚼し、自分達なりに昇華している。グループ名の「Kiai」は「気合」らしいが特に和の要素があるわけではなく、強いて言えば ”間” の感覚があり、その抜け感が洗練さをもたらしているように思える。

Marcelo Vaz: Piano, keyboard
Dionísio Souza: Bass
Zaza Soares: Guitar
Lucas Fê: Drums






●BETO CORREA / DIAS MELHORES 輸入CD 2,376円(税込) (INDEPENDENTE / 7890552468860)

エルメートの系譜を継ぐ実力派ピアニスト、ベト・コヘアの初となるリーダー作。先日新譜をリリースしたばかりのクレベール・アルメイダや、ヴィオラ・カイピーラの名手でアンドレ・メマーリ・トリオの一員として活躍するネイマール・ヂアス、ダニ・グルジェル・カルテットや渡辺貞夫のバンド・メンバーとして度々来日しているシジエル・ヴィエイラなど、サンパウロのジャズ・シーンから最高峰の面々が集結。 アブストラクトなピアノ・リフをトリガーに各楽器が濃密に絡み合うエルメート直系の#5や、シンコ・ア・セコの一員としても知られるハファエル・アルテリオが美しいハミングを披露するジャズ・ワルツ#6あたりは鳥肌もの。#7を除きすべての楽曲がベト自身のペンによるものということで、作曲家としてのセンスも非凡なものがあります。 是非ジャズ・ファンにも名前を覚えてもらいたい逸材です!

Beto Correa (piano, acordeon)
Neymar Dias (viola caipira, ele-guitar)
Sidiel Vieira (acoustic bass)
Rodrigo Ursaia (sax, flute)
Cleber Almeida (drums, percussion)






●VITOR ASSIS BRASIL / ESPERANTO / TOCA ANTONIO CARLOS JOBIM 輸入CD 1,944円(税込) 1,750円(税込) WEB特別価格10%OFF (FAR OUT RECORDINGS / FARO201CD)

1970年代の最重要ブラジリアン・ジャズはまちがいなくコレ!ジョン・コルトレーンに強い影響を受けたブラジルのサキソフォニスト、ヴィクトル(ヴィトル)・アシス・ブラジル(1945-1981)が"FORMA","QUARTIN"レーベルで伝説的な作品をおくりだしたプロデューサー、ホベルト・クアルチンとともに作り上げた2作品『Esperanto』『Toca Antonio Carlos Jobim』が2in1+未発表音源をボーナストラックとして追加してリリース!

35歳という年齢でこの世を去った夭逝のサキソフォニスト、ヴィクトル・アシス・ブラジル。14歳からサックスを手にし、18歳でデビューLPをレコーディング。10代にしてブラジリアン・ジャズのトップ・プレイヤーとしての名声を手に入れた天才である。2枚の作品をリリースしたあと、アメリカのバークレー・カレッジへの留学の機会を与えられたヴィクトルが、その帰国後すぐにレコーディングした音源を収めたのがこの2枚 『Esperanto』 『Toca Antonio Carlos Jobim』である。 『Esperanto』は一曲を除き自身のオリジナルで構成される作品で、当時TAPECARレーベルからリリースされたもの。同時代の北米ジャズロックやスピリチュアル・ジャズにも通ずる、熱くどこかメディテーティブなセッションと圧巻のインプロヴィゼーションが堪能できる作品。『Toca Antonio Carlos Jobim』はジョビンの楽曲を取り上げた作品で、アメリカ留学直後のヴィクトルがブラジルのボサノヴァとポスト・バップの理想的な融合点を見出した作品として、ブラジルのみならずアメリカでも高く評価された歴史的傑作として知られ、こちらはプロデューサーであるクアルチン自信の名を冠したQUARTINレーベルからリリースされた。レーベルこそ違うものの、同一セッションということもありミュージシャンも同一。当時のブラジルを代表する面々とともに繰り広げる迸るようなセッションが記録されている。

Alto Saxophone – Victor Assis Brasil
Bass – Edison Lôbo
Drums – Edison Machado
Guitar – Hélio Delmiro
Piano – Dom Salvador
Producer, Directed By – Roberto Quartin




町田店入荷情報バックナンバー!
【LATIN/BRAZIL/WORLD新着入荷情報】SEAN KHAN アナログ、SKYMARK、DIEGO SCHISSI QUINTETO 他!
【LATIN/BRAZIL/WORLD新着入荷情報】HELIO MATHEUSリイシュー、ファビオ・カラムル、SEAN KHAN 他!
【LATIN/BRAZIL/WORLD新着入荷情報】HUNI'G & HIS BAND /
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】アカ・セカ・トリオ / トリノ入荷!JOSE LUIS BRAGA等注目作多数!
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】驚愕!ジョアン・ドナートの未発表音源4CD-BOX入荷!
【HERMETO PASCOAL来日記念!】 NO MUNDO DOS SONS アナログリリース&来日公演記念特集開催!【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】OUTRO TEMPO【特濃ブラジル霊性音源集】/LO BORGES
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】シェニア・フランサ / MARMOTA / KALEEMA / DOS CAMINOS-DUO
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】SO ABRA / CUARTETO ORIENTAL / RODOLFO MEDEROS / キップ・ハンラハン

■出張訪問買取、即日対応可能!まずはご相談くださいませ!
〒194-0013 町田市原町田4-9-8 町田シエロ1F
ディスクユニオン町田店買取センター
買取専用フリーダイヤル:0120-177-249
e-mail : dm@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~21:00 (日祝11:00~20:00)
小田急線・横浜線 町田市・東京・神奈川近郊にお住まいのみなさま!高価買取いたします!
CD LPレコード アナログ DVD ブルーレイ 音楽本 音楽書籍などの買取行って おります!
代々木上原・下北沢・経堂・成城学園前・向ヶ丘遊園・新百合ヶ丘・町田・相模大野・海老名・本厚木・秦野・新松田・小田原・東神奈川・菊名・新横浜・鴨居・中山・長津田・相模原・橋本・相原・八王子・桜木町・磯子・大船・中央林間・南林間・大和・長後・湘南台・藤沢・片瀬江ノ島・辻堂・茅ヶ崎・平塚・大磯・国府津・相模原・橋本・相原・八王子みなみ野・片倉・八王子・桜木町・磯子・大船など出張無料査定いたします。
CD、LPレコードの買取は50年の中古査定実績、安心・信頼のディスクユニオンへお任せください。

 


5/28(月)BRAZIL・MINAS・MPB・ARGENTINA CDセール開催!

BRAZIL・MINAS・MPB・ARGENTINA CD SALE

出展枚数200点オーバーでお届けいたします!
ミナス、MPBの近年作から、新世代系、アルゼンチン人気作までまとめて展開いたします!
意外と入手が難しくなっている輸入盤などなど幅広く出品します!

ご期待くださいませ!



下記出品リスト

■ADRIANA CALCANHOTTO / O MICROBIO DO SAMBA (88697862462)
【盤質:B+ /デジパック/アドリアーナ流サンバMPB傑作】


■AFFONSINHO / MEU PLANO (60252720772)
【盤質:B /MINAS SSW'09】


■ALBERTO ROSENBLIT / DE BEM COM A VIDA(W/DVD) (DB0138)
【盤質:B /デジパック/CD+DVD/MPB良作/'09】


つづきはこちら "5/28(月)BRAZIL・MINAS・MPB・ARGENTINA CDセール開催!"

価格入りリスト更新!全国通信販売承ります!5/27(日)BRAZIL/WORLD/REGGAEレコードセール開催!

価格入りリスト更新!全国通信販売承ります!

〒194-0013 町田市原町田4-9-8 町田シエロ1F
ディスクユニオン町田店買取センター
TEL:042-720-7249
e-mail : dm@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~21:00 (日祝11:00~20:00)


5/27(日)BRAZIL/WORLD/REGGAEレコードセール開催決定!
お手軽盤中心に約200点展開いたします!

 
ご期待あれ!


※整理券は当日10:00からディスクユニオン側の入口にて配布致します。
※お取り置き/通信販売は当日14:00から承ります。
※中古品につき1点物のため、品切れの際はご了承ください。

出品リスト

-BRAZIL/WORLD-
■20TH CENTURY STEEL BAND / WARM HEART COLD STEE (ILPS9464)
【盤質:B /US-ORIGINAL/CUT/A1"HEAVEN AND HELL"ネタ!SHRINK】3,000円(税込)

■AGUSTIN PEREYRA LUCENA QUARTET / LA RANA (MAI8004)
【盤質:B /リイシュー盤/ARGENTINE GUITAR名手】1,750円(税込)


つづきはこちら "価格入りリスト更新!全国通信販売承ります!5/27(日)BRAZIL/WORLD/REGGAEレコードセール開催!"

【LATIN/BRAZIL/WORLD新着入荷情報】HUNI'G & HIS BAND /




●HUNI'G & HIS BAND / THE PSYCHEDELIC RECORD 輸入LP 4,536円(税込) (自主制作盤 / BSVR11023)

極少量限定入荷! 韓国屈指のレコード・ディガーとして数多くの MIX-CD をリリースする Huni'G が自身の率いるバンドでリリースした自主制作のレコードのラストストックを抑えました。先日入荷した韓国の知られざるファンキー歌謡MIX 『あなたが探しているソウル歌謡のすべてのこと』 には度肝を抜かれましたが、ファンクだけでなく韓国のサイケについても韓国内有数の知識とコレクションを持つと言われている Huni'G。本作もそんなオブスキュアなコリアン・サイケからの影響を存分に反映した内容に。まるでヨーロッパのライブラリーものを聴いているかのようなディープかつ無国籍なサウンド、そしてハングル文字でそっけなく描かれたプロモ盤のような白ジャケットがレコード好きにはそそります!







●オスミ(リヴィング・ルーム) / テーニョ・キ・セル・スアーヴィ....3 国内CD 1,620円(税込) (LIVINGROOM / LVRS008)

2009年から定期的にBrazilian Mixを発表し、渋谷Bar Musicでブラジリアン・パーティ”Essa Musica E A Vera ”を主催。DJ Nutsをはじめとするブラジル現地のトップDJ、コレクター、ディーラーとも親交の深い日本を代表するブラジリアンDJの一人 OSUMI (LivingRoom)の最新Mixが登場! 

気になる内容はOSUMIが発表してきた人気シリーズ『Tenho Que Ser Suave(メロウじゃないとね、やっぱ)』の最新作。定番アイテムは皆無。ミッド・テンポのマイナー・ブラジリアン・ソウルが連続する序盤に始まり、ブラジル好きから注目され始めているブラジリアンAORの激良チューンまで! 他の追随を許さないディープかつオブスキュアなセレクションながら、とにかくメロウ、そしてサウダーヂを強く感じさせる心地よすぎるミックスに、身も心もとろけてしまうこと間違いナシ! 

世界中でブラジルのレコードが求められた結果、ボサノヴァやジャズサンバ、MPBといった人気ラインだけでなく、器楽音楽、地方音楽や地方のマイナー・レーベルにまで注目が集まるなど、これまでに比べ格段に解明が進みつつあるブラジル音楽のレコードの世界ですが、OSUMIのディガーっぷりはそんなトレンドの5年先を行く、もはやワン&オンリーの域。そしてなによりも、ブラジル人達からも熱く支持されるメロウ&サウダーヂのツボを押さえ続けるそのミックス・センスには、脱帽以外の言葉が思いつきません! 





●CORTEX / L'ENFANT SAMBA / MARY & JEFF 【7INCH】 輸入7" 1,836円(税込) (TRAD VIBE / TV012)

LIMITED 500 COPIES! Very first version of the first single by Cortex, reissued as 7inch for the 1st time.

鬼才キーボーディスト、アラン・ミヨンを中心に結成されたフレンチ・グルーヴの至宝コルテックスの1st 7inchが初のリイシュー! オリジナル・プレスは100USDを超える価格で取引される人気盤。この7inchも500枚限定プレスとのことでプレミア化必至です!!!!!ついに入荷、超お早めに!

Very first version of the first single by Cortex, reissued as 7inch for the 1st time.
“I remember that I and Alain Gandolfi wanted to put ‘Mary & Jeff’ on the A side, but the producer decided to set ‘L’Enfant Samba’ instead because he thought that the voice of Mireille would be more selling than my piano… 6 months after, at the beginning of 1976, ‘Mary & Jeff’ was a hit in a lot of Disco clubs and radios!” (Alain Mion)







●RAFAEL DELGADO / CHELFIE 輸入CD 2,052円(税込) (INDEPENDIENTE (ARG) / CHELFIE)

ペルー生まれ、アルゼンチンに移住して25年以上経つというチェロ奏者で作編曲家ラファエル・デルガド。過去にはタンゴとオーケストラのアンサンブルでワールドツアーを行うなどすでに十分なキャリアを持つ人物である。本作はそんな彼の念願ともいえるコンセプトで、多彩なゲストを迎えて録音。川面に降る雨粒を連想させるピアノとチェロの美しいアンサンブル#2、フルートとチェロのデュオでおくるジスモンチ「ロロ」のカバー#3、フルート、テナーサックス、クラリネットの3管にマリオ・グッソのパーカッションを交えた#5、そしてラストのメセニー・カバーまで。チェロの響きを活かした極めて透明度の高いアコースティック・アンサンブルと、自身の出自であるペルーやアルゼンチン、さらにはクラシック、ジャズ、ミニマル音楽などなど多彩な音楽的な影響がそれぞれの楽曲からうかがえる全12曲。力作と呼ぶに相応しい、充実極まる一枚である。

Invitados 
Oscar Giunta, Mario Gusso, Pablo Fraguela, Hernán Crespo y muchos más...






●JUAN QUINTERO & SANTIAGO SEGRET & ANDRES PILAR フアン・キン / PATIO 輸入CD 2,268円(税込) (INDEPENDIENTE (ARG) / PATIO)

本年ネオ・フォルクローレ最重要作品!アカ・セカ・トリオのフアン・キンテーロ、ディエゴ・スキッシ作品などに参加する現代アルゼンチン最高のバンドネオン奏者サンティアゴ・シグレ、新世代フォルクローレの最重要グループ「ドン・オリンピオ」でもピアニストとして活躍するアンドレス・ピラール。新世代のアルゼンチン・フォルクローレを担う3人が集った注目の一枚。デザインはSERAARREBOLのギタリストが手掛けた特殊ジャケット(動画参照)。

Juan Quintero (voz, guitarra) / Santiago Segret (voz, bombo, bandoneón) / Andrés Pilar (piano, bombo, voz)




要チェック最近の入荷情報!
エルメート"/ 
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】アカ・セカ・トリオ / トリノ入荷!JOSE LUIS BRAGA等注目作多数!
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】OUTRO TEMPO【特濃ブラジル霊性音源集】/LO BORGES
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】シェニア・フランサ / MARMOTA / DOS CAMINOS-DUO
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】SO ABRA / CUARTETO ORIENTAL / RODOLFO MEDEROS 
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】シルビア・イリオンド / ティエラ・シン・マル
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】「EDU PASSETO & GUI TAVARES 」「RODRIGO TAVARES / CONGO」「ロウレンソ・ヘベッチス 」「IVAN LINS & GILSON PERANZZETTA 」
【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】PUEBLA (ARGENTINA) / LA TRAMA DEL OS CONFINES

ラテン、ブラジルのCD、レコード専任担当スタッフが高価買取します!
買取はディスクユニオン町田店にお任せあれ!担当:佐藤

■即日対応可能!まずはご相談くださいませ!
〒194-0013 町田市原町田4-9-8 町田シエロ1F
ディスクユニオン町田店
TEL:042-720-7240
買取専用フリーダイヤル:0120-177-249
(携帯からは042-720-7249)
営業時間:11:00~21:00 365日年中無休
(日祝11:00~20:00)

営業時間:11:00~21:00 (日祝11:00~20:00)

小田急線・横浜線 町田市・東京・神奈川近郊にお住まいのみなさま!高価買取いたします!
CD LPレコード アナログ DVD ブルーレイ 音楽本 音楽書籍などの買取行って おります!
代々木上原・下北沢・経堂・成城学園前・向ヶ丘遊園・新百合ヶ丘・町田・相模大野・海老名・本厚木・秦野・新松田・小田原など出張無料査定いたします。
CD、LPレコードの買取は50年の中古査定実績、安心・信頼のディスクユニオンへお任せください。

高価買取リスト公開中!





【HERMETO PASCOAL来日記念!】 NO MUNDO DOS SONS アナログリリース&来日公演記念特集開催!【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】

【HERMETO PASCOAL来日記念!】
NO MUNDO DOS SONS アナログリリース&来日公演記念特集開催!

4/3(火) 発売!限定アナログリリースと5月の来日公演を記念してエルメート・パスコアル特集を開催!
エルメート・パスコアル名盤から、本人参加作、メンバー作品からフォロアーまで大特集!商品到着次第、続々更新予定!

※タイトルによってはご用意の無いタイトルもございます。
在庫状況はお気軽にお問い合わせくださいませ。


●HERMETO PASCOAL / NO MUNDO DOS SONS (LTD. VINYL) 【2XLP - GATEFOLD】 輸入LP 3,996円(税込) (180G X DISK UNION / 180GDULP01)
■4/3(火) 発売!LTD.VINYL / GATEFOLD COVER, 2LP
2017年にグループ名義として15年ぶりのリリースした大きな話題となったエルメート・パスコアル&グルーポの大傑作『NO MUNDO DOS SONS』が、ディスクユニオンとフランスの音楽総合商社レーベル「180g」のコラボレーションで待望のヴァイナル・プレス!

2017年の年始に久々の来日を果たし日本のファンを歓喜させたブラジリアン・ジャズ・レジェンドのエルメート・パスコアル。8月には自身のグループ名義として15年ぶりとなる新作『NO MUNDO DOS SONS』をリリースすると、エルメートの作編曲家としての側面にフォーカスしたビッグバンド作品『NATUREZA UNIVERSAL』、さらには70年代の未発表音源『VIAJANDO COM O SOM (THE LOST '76 VISE VERSA STUDIO SESSION)』を発表するなど、全部で3枚の作品をリリース。2017年は多くの人にエルメート・イヤーとして記憶されました。そして2018年も勢いそのままに、5月には再度の来日公演が決定! 今年もエルメート・パスコアルから目が離せない1年になることは必至です!

そんななか決まった待望のヴァイナル・プレス! 本作『NO MUNDO DOS SONS』は、イチベレ・ツヴァルギ、アンドレ・マルケスといったエルメートが長年引き連れた名うての音楽家により構成される自身のグループ名義での録音で、一糸乱れぬ組織力と、はじけんばかりのパッション、めくるめく即興性が同居する演奏が極まった宇宙一のアンサンブルを、たっぷりと聴かせるエルメートの新たな代表作とも言える作品です。ヴァイナル化を望む声がブラジルやヨーロッパ、そしてここ日本でも非常に高く、このたび目出度く2枚組LP、見開ジャケットという仕様でリリースする運びとなりました。

エルメートの長いキャリアを振り返ってみても、間違いなく代表作であろう本作。全音楽ファン、いや全人類が聴くべき真のマスターピースがレコードになるとなれば、これはもう買わないわけには行かないでしょう!  リミテッド・プレスのためご予約・ご購入はお早めに!






●HERMETO PASCOAL / VIAJANDO COM O SOM (THE LOST '76 VISE VERSA STUDIO SESSION) 【LP/ 全宇宙驚愕!!1976年未発表音源がリリース!】 輸入LP 2,592円(税込) (FAR OUT RECORDINGS / FARO200LP)

全宇宙驚愕!! エルメート・パスコアルが1976年に残していた未発表スタジオ・セッションがCD/LP化! 

ブラジルを代表する作編曲家/マルチ・インストゥルメンタル奏者エルメート・パスコアル。2017年の年始には久々の来日を果たし、圧倒的なパフォーマンスを披露したかと思えば、この夏にはエルメート・グループ名義として実に15年ぶりとなる全18曲二枚組みにも及ぶ新作を発表。衰えるどころかますますその才気を漲らせている印象すらあるが、そんなエルメートの未発表音源リリースというトンデモナイ知らせが飛び込んできた。リリースするのはUKのファーアウト・レコーディングス。アジムスの復活やアルトゥール・ヴェロカイのカムバック作などをリリースし、にわかに今もっとも注目すべきブラジル音楽レーベルのひとつとなりつつある。この未発表音源は、そんなファーアウトの記念すべき200タイトル目のリリース。まさに満を持してのリリースとなる。

さて気になる内容だが、マイルス・デイヴィスの『LIVE EVIL』に参加&曲提供、1974年には名作『A MUSICA LIVRE DE HERMETO PASCOAL』をリリースした後の1976年、トロピカリアの仕掛け人としても知られる名作編曲家ホジェーリオ・ドゥプラが所有していたサンパウロのヴァイス・ヴェルサ・スタジオにて行ったという2日間のセッションを収めたものである。当時すでに独自の音楽性を確立していたエルメートではあるが、今よりもその音楽はさらに混沌としていた時期であり、80年代に入るとイチベレなど自身のパーマネントなグループを結成し「BEBE」に並ぶ美しいメロディの楽曲群「SAO JOAO」「MUSICA DAS NUVENS E DO CHAO」といった今日に至るまでカバーされ続ける名曲を世に送り出すなど、より多彩な音楽性を花開かせようとしていた時期でもある。本作で行われた何時間にも渡る濃密なノンストップ・セッションが、構築するこれまでの作曲術ではなく、より有機的かつ即興的に音を作っていくエルメート特有の作曲に大きな影響を与えたのだと言う。

レコーディング・メンバーも興味深い。日本でも高い人気を誇るトニーニョ・オルタや「ブラジルのウェイン・ショーター」ことニヴァルド・オルネラスをはじめ、実験的な作品を多数残しブラジルのインスト音楽の歴史を変えたといわれるグルーポ・ウンの二人レロ・ナザリオとエドゥアルド・ナザリオ、エルメートのプロデュースで名作『OFERENDA』をリリースしているアレウーダといった多士済々が集結し録音。その録音テープはミックスダウンが終わった後、レロ・ナザリオの手に渡り消失していたかと思われていたが、レロのスタジオ・アーカイブになんと40年間以上も眠っていたのが発見され、このたびリリースに至ったというわけである。

内容については、語る必要もないだろう。エルメートが最も実験性に満ちたエキセントリック極まる時期でありながら、それに応える当時のトップ・ミュージシャンの技術とアイデアに満ちた熱量溢れる演奏にはとにかく圧倒される。ブラジル音楽の黄金期ともいえる70年代だが、軍政だったこともあり多くの音楽家が自身の音楽性を追求するのが難しかったのもまた事実。先述したとおりエルメートですらある種の型にまだ捉われている部分もあり、80年代にかけてそのオリジナリティをさらに発揮していくわけだが、本作で聴ける演奏はそんなエルメートの分岐点となった革命的なセッションなのである。

本作がここ10年におけるブラジル音楽、いやポピュラー・ミュージック史における最大の発見であることには間違いないだろう。こんなにもリリースが待ちきれないという気持ちは久しぶりである。





●HERMETO PASCOAL / NATUREZA UNIVERSAL 輸入CD 2,376円(税込) (SCUBIDU / NGCD001779)

今年はエルメート・イヤー!! 15年ぶりの新譜をリリースしたばかりのエルメート・パスコアルが2017年2作目となる新作をリリース!エルメートの作編曲家としての側面にフォーカスしたビッグバンド作品!!

2017年8月に自身のグループ名義としては15年ぶりとなるCD2枚組の新作『NO MUNDO DOS SONS』をリリースしたばかりのエルメート・パスコアル。2017年年始には久々となる来日公演を行い、年末にはUKのFAR OUT RECORDINGSから1976年にレコーディングされていたという未発表音源までリリースされるなど、2017年はまさにエルメート・イヤーだったな...などと感慨にふける間もなく、まさかのニュースが飛び込んできた!それが本作、2017年2枚目となる新作『NATUREZA UNIVERSAL』である。

グループとしての頂点を極めた『NO MUNDO DOS SONS』に対し、本作はビッグ・バンドを率いての録音で、エルメート・バンドのブレーンとして長年活動をともにしてきたピアニストのアンドレ・マルケスが実現、ディレクションを担当したのだという。エルメート・ファンならばご存知のとおり、70年代にレコーディングされたブラジルの数々の作品でアレンジャーとしても異才を発揮していたエルメート。自身の録音でも代表曲「ベベ」を始め、ビッグバンドで録音することも多かった。本作はそんなエルメートのビッグバンド/アレンジの歴史を俯瞰するような内容にもなっていて、30年ほど前に作曲されたものから近年の楽曲までを楽しめるレパートリーとなっている。

アレンジやピアノはもちろん、おなじみの水の入ったグラスやケトルなどを高いテンションで演奏するなど81歳を迎えた御大エルメートも変わらず元気一杯。とはいえ本作最大の特徴はエルメートの作編曲家としての側面に焦点を当てていることだろう。『NO MUNDO DOS SONS』を録音した自身のグループの面々に加え、ファビオ・ゴウヴェイアなどエルメート直系で現在はソロで活躍するような才人を迎えた最高峰のビッグバンドが奏でる迫力満点のアンサンブルと、エルメートの摩訶不思議でありながら実に美しい楽曲のハーモニーは、思わず息を呑むほどに美しいもの。

スナーキー・パピーなどエルメートにリスペクトを捧げるミュージシャンが増えている昨今。アンサンブルものが注目を集める潮流とあいまって、本作こそ今まさに聴きたいエルメートだった!というリスナーも多いだろう。全ての音楽ファンが聴くべきマスターピースとして超強力リコメンド!







●ジョアナ・ケイロス & ハファエル・マルチニ & ベルナルド・ハモス / ジェスト (LP) 国内LP 3,500円(税込) (SPIRAL RECORDS / SPLP1101)

「21世紀のクルビ・ダ・エスキーナ」と称される現代ブラジルの尖鋭的なアーティストが集う音楽サークルにおいて、中心的な役割を担う3 人、才色兼備のクラリネット奏者ジョアナ・ケイロス、そのサークルのなかで最も傑出した作・編曲家/ピアニストとして賞賛されるハファエル・マルチニ、クラシック/ジャズを素地とした卓越した演奏でシーンの屋台骨となるギタリスト、ベルナルド・ハモスからなるスーパートリオの傑作1st アルバム«GESTO» が多くのファンの声に応え、SPIRAL RECORDS とTHINK! RECORDS のW ネームで待望のLP 化!

「21世紀のクルビ・ダ・エスキーナ」と称される現代ブラジルの尖鋭的なアーティストが集う音楽サークルにおいて、中心的な役割を担う3人、才色兼備のクラリネット奏者ジョアナ・ケイロス、そのサークルのなかで最も傑出した作・編曲家/ピアニストとして賞賛されるハファエル・マルチニ、クラシック/ジャズを素地とした卓越した演奏でシーンの屋台骨となるギタリスト、ベルナルド・ハモスからなるスーパートリオの傑作1stアルバム«GESTO» が完全限定生産盤として待望のLP化。自国の音楽を重要なエレメントとして据えながら、ジャズやクラシック、ブルックリン周辺で繰り広げられるインディー・ロックなどからの影響がハイブリッドされた楽曲が、クラリネット、フェンダーローズ、エレクトリック・ギターを軸とした編成で、音との戯れとでもいえるしなやかな身ぶり(ジェスト)により奏でられ、あらたなチェンバー・ポップ・サウンドの結晶が生成されるとともに、その内部に表現を超えた、古代性をはらんだ寓話(パラーベル)の世界が呼び起こされる̶̶。

Joana Queiroz(ジョアナ・ケイロス)
クラリネット/サックス奏者
Itiberê Orquestra Famíliaの一員として約10年間活動、3枚のアルバムの録音に参加。Hermeto Pascoalのアルバム«Mundo Verde Esperança»の12曲の録音およびコンサートに参加するなど、キャリアを重ねる。主な活動には、管楽器によるグループ Inventos, Moacir Santosらの作品を再解釈する5人グループQuartabê, Rafael Martiniらが率いるClaras e Crocodilos, Joana Queitoz Quarteto, など。グアルーリョス器楽フェスティバルでは、最優秀演奏者として表彰され、作曲部門でも第3位を受賞。これまでにLiliana Herrero, Carlos Aguirre, Aca Seca Trio, Cecilia Pahl, Simon Gonzalezなどと共演。現在はリオデジャネイロ、ベロ・オリゾンチ、サンパウロの3都市を中心に、アルゼンチン、チリ、ポルトガル、スペイン、フランス、イタリア、アメリカなど世界規模に活動を拡げている。

Rafael Martini(ハファエル・マルチニ)
作・編曲家/ピアニスト
ミナスジェライスの音楽シーンで最も傑出した作・編曲家/ピアニストとして、国内外で高い評価を獲得。2013年にリリースをした、ソロアルバム«Motivo»は最優秀器楽アルバムとして権威あるマルコ・アントニオ・アラウージョ賞を受賞。また、多くの作品に音楽監督/ピアニストとして参加しており、Mônica Salmaso, Sérgio Santos, Antonio Loureiro, Joana Queiroz, Nelson Ayres, Titaneらと共演している。現在は、ブラジルのみならずニューヨーク、ウルグアイ、アルゼンチン、スペインなどでフェスティバルやライブに出演。自身のジャズ・セクステットとベネズエラ交響楽団と収録した「suíte onírica」が2017年夏に〈SPIRAL RECORDS〉より日本盤がリリース。

Bernardo Ramos(ベルナルド・ハモス)
ギタリスト/作・編曲家/プロデューサー
リオデジャネイロ出身。大学でクラシックギターと作曲を学び、Itiberê ZwargやHermeto Pascoalというブラジル音楽の最重要人物に師事する。ギタリストとして、Hermeto Pascoal, Idriss Boudrioua, Yamandú Costa, Arismar do Espírito Santo, Nenê, Leny Andradeといったブラジルの重要な音楽家と数多く共演。Hermeto Pascoal直系のグループItiberê Orquestra Famíliaに10年間在籍し、3枚のアルバムに参加。Naná Vasconcelosと音楽を共作した舞台「Capitães da Areia(砂の戦士たち)」ではシェル賞の「作曲部門」にノミネートされるなど将来が有望視されるミュージシャンの1人である。現在はJoana Queitoz QuartetoやBambooなど、ブラジルの現代ジャズ・シーンで突出した存在として認められるグループに参加、アルバムのリリースやライブを精力的に行なっている。




●イチベレ・ズワルギ / コントラステス 国内CD 2,571円(税込) (ネイチャー・ブリス / )

■国内盤CD■
エルメート・パスコアル・バンドのベーシストとして活躍し、その意志を継ぐ音楽家として最重要ポストに位置する天才、イチベレが主宰する家族親族のミュージシャンを中心に構成される、稀代のスピリチュアル・ブラジル・インスト・グループ、「ITIBERE ORQUESTA FAMILIA」の通算3作目が国内盤で登場。ホーン、リズム、弦楽の予想だにしない重なり合いと、意表をつく旋律展開がさらに進化。フリー・ジャズの性質の中に潜む、俄かに温かみのあるブラジル風情が、表裏一体となって構築。加えて、単なる「アヴァンギャルド」性に偏重することなく、耳を通じて神経に働きかける、確かな「グルーヴ」感を読み取った瞬間、この作品の真価を得たものと心得よう。3作目にして到達した、イチベレ・オルケスタ快心の音世界!





●ITIBERE ZWARG / ITIBERE ZWARG & UMO FEAT. HERMETO PASCOAL 輸入CD 2,160円(税込) (BISCOITO FINO / BF4432)

エルメート・パスコアルのグループに1970年代から所属するなどエルメートの遺伝子を最も濃厚に受け継ぐ作編曲家/ベーシストのイチベレ。自身のキャリア50周年と、師匠であるエルメートと活動を共にして40周年の記念に企画・制作された2017年新作! フィンランドの管楽器を主体としたオーケストラ「UMO(ユニバーサル・ミュージック・オーケストラ)」を率い、イチベレならではのハーモニーが炸裂。エルメート御大も大半の楽曲でゲスト参加し、楽しそうにはじけています。






●ANDRE MARQUES / DIVER CIDADES 輸入CD 2,376円(税込) (INDEPENDENTE / AM005)

2018年5月の再来日が発表されたエルメート・パスコアル・グループのメンバーで、エルメート・ビッグバンドの新作『NATUREZA UNIVERSAL』ではディレクターも務めるピアニスト/作編曲家アンドレ・マルケス。エルメートのブレーンとしての活動はもちろん、自身のグループ「トリオ・クルピラ」や、ジョン・パティトゥッチ&ブライアン・ブレイドという鉄壁の面子と録音したピアノ・トリオ作品のリリースなど密度の濃い作品をリリースし続け、いまやブラジリアン・ジャズ/インストゥルメンタル・シーンの最重要ピアニストとして認知されている。そんなアンドレ・マルケスの最新作は自身の率いるセステートでのアルバム。エルメートの系譜を次ぐ面々なだけあり、6人のメンバーがそれぞれ複数の楽器を操るマルチ・インストゥルメンタリスト。ブラジルの伝統音楽に根ざした多幸感溢れるトラックから、USコンテンポラリー・ジャズからの影響を強く感じられるタイトなアンサンブル、ブラジルの器楽音楽ショーロをアンドレなりに解釈したようなトラックまで、多様でありながら豊穣な音楽を作り上げるさまは圧巻の一言。






●FABIO GOUVEA / COLETIVO ENCARNADO 輸入CD 1,944円(税込) 1,555円(税込) WEB特別価格20%OFF (INDEPENDENTE / FG201701)

エルメートの系譜を継ぐバンド、トリオ・クルピーラの一員にしてブラジルだけでなくUSのジャズ・シーンともリンクする現代ブラジリアン・ジャズ随一のギタリスト、ファビオ・ゴウヴェアの作品を一挙取扱。

Fabio Gouvea(ファビオ・ゴウヴェイア)は、サンパウロ出身のギタリスト。10歳からギターを始め15歳でタトゥイ音楽学院で学び始める。1996年からアンドレ・マルケス、クレベール・アルメイダと共にトリオ・クルピラを結成、活動中。同時にリーダー作をも精力的に製作、発表。今年リリースしたばかりの2作品と2014年作品の1作品が日本にも到着! 
エルメート・ファミリーの一員としてイチベレのトラでベースを弾くこともあるというFabio。エルメートと現代ジャズに大きく影響を受けつつ、自ら作曲、アレンジ、プロデュース、そしてギターやフルートなど複数の楽器を演奏。編成は異なりますがどれも有機的な暖かさに満ちた音楽で、ゆっくり時間をとって聴いていただきたい作品です。 COLETIVO ENCARNADOと題された本作はドラム、コントラバス、ギターの基本トリオにトロンボーン、トランペット、サックスの3管、ヴァイオリン、ヴィオラなど弦楽四重奏を加えた10人編成のバンドを率いたアンサンブル系ブラジリアン・インスト作品。エルメートの初期作はもちろん、マリオ・アヂネーやアルトゥール・ヴェロカイといった作編曲家に注目が集まる昨今のトレンドにも迎合するかのようなリッチかつスムーズ、有機的な暖かさに満ちたアンサンブルをブラジルらしいスイング感を失わずに聴かせていく驚きの全8曲。ラスト・トラックではマラカトゥなどブラジル・オリジナルなリズムを使用しつつエルメート名曲「べべ」のフレーズも飛び出すなど、エルメートへのオマージュを垣間見せる。作曲、アレンジ、プロデュース、ギター、フルート、ヴォーカルまでを手がけるなど、ファビオ・ゴウヴェイアという音楽家のオリジナリティ溢れる音楽性を確立したともいえる最新作にしてい最高傑作である。






●MARMOTA / A MARGEM 輸入CD 2,268円(税込) (INDEPENDENTE / AP4001)

ポルト・アレグレの気鋭ジャズ・カルテット、マルモタのNEW ALBUM。バークレーへの短期留学後、地元ポルト・アレグレに戻り結成されたという本バンド。その経歴もさることながら、アーロン・パークス、アリ・ホーニグ、ティグラン・ハマシャン、さらにはギラッド・ヘクセルマンやシャイ・マエストロ、二人のアヴィシャイ・コーエンといったイスラエル・ジャズの精鋭たちを影響源として挙げているとおり、極めて洗練されたトーンで緊密なアンサンブルとスリリングなインプロヴィゼーションを聴かせるバンドである。本作は2015年以来、約2年ぶりにレコーディングされた彼らの2ndアルバム。先述したような現代ジャズ的アプローチから、ミルトン・ナシメントを思わせる浮遊感溢れるヴォイシング、エルメートを思わせる変拍子ジャズロックまでを、独自の語法で掲示してみせる手腕はかなりのもので、アントニオ・ロウレイロからディアンジェロ・シルヴァまで才能溢れる音楽家を多数輩出するミナス新世代にも決して引けを取らないと言えるだろう。かねてより器楽音楽には定評のあったポルト・アレグレ。そのシーンの片鱗をみせてくれる注目の一枚だ。






●JOTA P. (JOAO PAULO BARBOSA) / EM RITMO DE MUDANCA 輸入CD 2,160円(税込) (INDEPENDENTE / 7892860221908)



2017年に来日したエルメート・パスコアール・グルーポのサックス/フルート奏者、ジョタ・ペことジョアン・パウロ・バルボザ。エルメート・グループ以外にもフィロー・マシャードのようなベテランからルイス・ウーリーのような次世代を担うアーティストまでと共演。拠点とするサンパウロのファースト・コール・リード奏者となりつつある。 

こちらは2015年に録音された2NDアルバム。すべてジョタ・ペのペンによる楽曲はエルメート・グルーポに参加した影響か、北東部音楽の色合いが濃いもの。とはいえクアルテート・ノーヴォやエルメートの焼き直しといのではなく、若手らしい、切れ味鋭いソリッドな演奏は現代ジャズ・ファンにも推薦の内容だ。ゲストにはブラジリアン・ジャズ・サックスの第一人者エクトール・コスチータ、そして世界的なガイタ(ハーモニカ)奏者として活躍するガブリエル・グロッシが参加。

JOTA P. (FLUTE/SAX)
SERGIO COELHO (TOROMBONE)
FABIO GOUVEA (GUITAR/VIOLAO)
BRUNO MIGOTTO (BASS)
PAULO ALMEIDA (DRUMS)

GUEST
HECTOR COSTITA (SAX)
GABRIEL GROSSI (GAITA)







●サンティアゴ・ベイス / ウニベル・ソン 国内CD 2,484円(税込) (インパートメント / RCIP0253)

あらゆる時間と記憶が交錯し混ざり合うような、非現実的かつ不思議にノスタルジックな音世界が素晴らしい!
ジスモンチ~パスコアールを想起させ、ジャズ/クラシックの豊かな素養を持ち、汎南米的な音楽世界を追求するメマーリやアギーレ等とも共鳴する世界観。
さらに内省的な深みとパーソナルな響きが心を揺さぶる、美しくもスリリングな驚愕のアルバム!

ウルグアイ出身、ブラジルのクリチーバ在住の若きピアニスト/作編曲家サンティアゴ・ベイスが、2009年から7年間に渡って南米諸国を旅し、現地の音楽家と録音し続けた15曲を収めたアルバム。

ピアノ、アコーディオン、シンセ、ギター、フルート、ビブラフォンなどを自ら演奏し、南米各地のシンガーや伝統楽器の演奏者を起用して吹き込まれた作品の数々は、例えば70年代のジスモンチの諸作を思わせる、場所と時間の感覚が麻痺するような、非現実的な美しさを帯びています。それぞれの曲のテーマにあるのは、旅の途中で出会い別れてきた人々への愛情、遠く離れた場所へのサウダーヂ、さまざまな旅の記憶…。このスリリングな傑作は、彼の「内的な世界の音」でもあります。 

Santiago Beis “univer-som”
Ana Carmela Ramirez: Voice on 4,8,14
Mariana Carrizo: Voice, Percussion on 5
Matias Gatto Lopez: Sax, Flute and Voice on 4,8
Isaac Coronado: Cuatro Venezolano on 8
Gabriel Castro: Tenor Sax on 13
Ladson Souza: Pandeiro on 4







●CHASSOL / BIG SUN 【CD+DVD】 輸入CD+DVD 2,484円(税込) (TRICATEL / TRICDFR046)

クリストフ・シャソルの「ultrascore」と名付けられた3部作。 4枚目のアルバムとなる本作「Big Sun」で、ニューオーリンズで始まった「Nola Cherie」 、「Indiamore」でインドを経由し両親の出身地であるアンティル諸島で3部作を締めくくりました。Gilles Peterson主宰のWorldwide Award は2014年のベストディスクとして「Indiamore」ノミネートしたりと、早くから彼の才能に気付いて、彼の才能をサポートしています。
天才シャソールは、カリブ、マルティニークをルーツに持つのフランス人 ピアニスト/ 作曲家 。
本作では出身地であるアンティル諸島でフィールド・レコーディングされた人の声や鳥の鳴き声など音を使用しています。サンプルをオーディオとして切り貼りを行い、その上に本人の演奏が乗るといったエルメート・パスコアールの「バナナの叩き売り」の様なスタイルです。音素材には元々映像データがあることが多く、YOUTUBE等を見ると映画の一部やプライベート、ドキュメントの映像の一部分を編集しループし、そこに演奏を乗せています。ライブでも映像とシンクロした演奏などをしているようなので、彼の表現スタイルは映像表現と密接にある音楽表現のようです。

小さいころからピアノを習い、米国バークリー音楽大学で学び、オーケストラの指揮者を8年間務めたり、ロック・バンドのフェニックスのツアーに鍵盤奏者として関わったり、LAに住んだり、アレクサンドル・クールテ監督の『ザ・インシデント』やテレビなどの映像業界に関係した作曲をしていたりと、映像に音楽を付ける仕事をしていたことがあるそうで、現在の映像素材を使った音楽性に至るまでの経歴は納得です。

とは言え、LPをリリースしていることから、本人としても音楽のみで受け取られても良さそうではあります。彼は色々な楽器ができそうですが、メインはピアノ等の鍵盤楽器で、特にJAZZ的な素養を感じますが、クラシック的であったり、ときどきスティーブ・ライヒのような現代音楽的であったり、ロックバンドのサポートでキーボードを弾いたりと、無ジャンル的な演奏というか、聴いているとハマるジャンルが浮かびませんし、そもそもそういうことを意識させません。アンドレ・メマーリ、アントニオ・ロウレイロ、ティグラン・ハマシアン、との比較や、ケンドリック・ラマーやディアンジェロの話題作との比較をSNSやブログで見掛けましたが、去年のARCA なみのインパクトです。2015年オールジャンルから選んでも、ベストの一枠は彼に決定でしょう。




ラテン、ブラジルのCD、レコード専任担当スタッフが高価買取します!
買取はディスクユニオン町田店にお任せあれ!担当:佐藤

■即日対応可能!まずはご相談くださいませ!
〒194-0013 町田市原町田4-9-8 町田シエロ1F
ディスクユニオン町田店
TEL:042-720-7240
買取専用フリーダイヤル:0120-177-249
(携帯からは042-720-7249)
営業時間:11:00~21:00 365日年中無休
(日祝11:00~20:00)

営業時間:11:00~21:00 (日祝11:00~20:00)

小田急線・横浜線 町田市・東京・神奈川近郊にお住まいのみなさま!高価買取いたします!
CD LPレコード アナログ DVD ブルーレイ 音楽本 音楽書籍などの買取行って おります!
代々木上原・下北沢・経堂・成城学園前・向ヶ丘遊園・新百合ヶ丘・町田・相模大野・海老名・本厚木・秦野・新松田・小田原など出張無料査定いたします。
CD、LPレコードの買取は50年の中古査定実績、安心・信頼のディスクユニオンへお任せください。

高価買取リスト公開中!




【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】OUTRO TEMPO【特濃ブラジル霊性音源集】/LO BORGES

担当イチオシ!
MUSIC FROM MEMORYよりバレアリック~電子音響など特濃ブラジル霊性音源をコンパイル!




●V.A.(OUTRO TEMPO) / OUTRO TEMPO: ELECTRONIC AND CONTEMPORARY MUSIC FROM BRAZIL, 1978-1992 【特濃ブラジル霊性音源集】 輸入LP 3,500円(税込) (MUSIC FROM MEMORY / MFM016)

〈MUSIC FROM MEMORY〉監修、ブラジル産霊性土着コンピレーションがリリース!! これまでのブラジル音源コンピとは一線を画す圧巻の特濃希少音源全17曲を収録!! 

80年代サンパウロで起こった前衛音楽ムーブメント、ヴァングアルダ・パウリスタ発の芸術家作品をはじめとした南米式タンジェリンドリームともいえる精神性の高い電子音と土着の融合が奏でる第三世界音楽や、ブラジリアン・インストゥルメンツを操るマルチ奏者たちの楽器の余韻に自然の息吹を封じ込めたプリミティブなフォークロアやアコースティックなサウンドエスケープ、郷愁覚えるポルトガル語の響きが脳内旅情へ誘う伝説のボッサ/ジャズ・ヴォーカリストによるスピリチュアル民謡などなど、南米特有の陽の気配を内包した黄色い土着と洗練されたエレクトロニクスが見事に調和したすさまじいクオリティの霊性音楽が立ち並ぶ、これぞ秘宝発掘専科〈MUSIC FROM MEMORY〉専売特許の特濃ブラジル・コンピレーションです!!





LO BORGES 名盤「TENNES」入荷しました!見逃し無く!


●LO BORGES / LO BORGES (1972) 【VINYL】 輸入LP 5,184円(税込) (POLYSOM / 333021)

クルビ・ダ・エスキーナの重要メンバーの一人、ロー・ボルジェスの1st、通称「テニス」がLPで嬉しい再発。POLYSOMブラジルによる安心のハイ・クオリティー・プレッシング!

荒削りで美しいメロディがロー・ボルジェスの”蒼さ”を物語る衝撃の名盤。参加メンバーにはトニーニョ・オルタ(g)、テノーリオ・ジュニオール(org)、ホベルチーニョ(dr)、ノヴェリ(b)、ベト・ゲヂス、ネルソン・アンジェロ他、ミナス重要人物が勢揃い。こんなに胸にグッと来るアルバムはそう多くない。ミナス/ジャズ/ロックまで、ロー・ボルジェスのあらゆる才気を盛り込んだ1972年の金字塔。スニーカーのジャケがまた良い!!

以前USでアナログ復刻されたものの現在は廃盤。ミナス音楽ファンはもちろん、サイケ・ファンやアシッド・フォーク・ファン、ジャズロック・ファンなども巻き込み近年オリジナル盤をまったく見なくなっていただけに、このタイミングでの復刻は嬉しい限り。




ラテン、ブラジルのCD、レコード専任担当スタッフが高価買取します!
買取はディスクユニオン町田店にお任せあれ!担当:佐藤

■即日対応可能!まずはご相談くださいませ!
〒194-0013 町田市原町田4-9-8 町田シエロ1F
ディスクユニオン町田店
TEL:042-720-7240
買取専用フリーダイヤル:0120-177-249
(携帯からは042-720-7249)
営業時間:11:00~21:00 365日年中無休
(日祝11:00~20:00)

営業時間:11:00~21:00 (日祝11:00~20:00)

小田急線・横浜線 町田市・東京・神奈川近郊にお住まいのみなさま!高価買取いたします!
CD LPレコード アナログ DVD ブルーレイ 音楽本 音楽書籍などの買取行って おります!
代々木上原・下北沢・経堂・成城学園前・向ヶ丘遊園・新百合ヶ丘・町田・相模大野・海老名・本厚木・秦野・新松田・小田原など出張無料査定いたします。
CD、LPレコードの買取は50年の中古査定実績、安心・信頼のディスクユニオンへお任せください。

高価買取リスト公開中!


【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】シェニア・フランサ / MARMOTA / KALEEMA / DOS CAMINOS-DUO

【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】

本日入荷イチオシ!


●シェニア・フランサ / シェニア 国内CD 2,484円(税込) (THINK! RECORDS / THCD536)

トラップやコンテンポラリー・ジャズを取り入れた最新のアフロ・ブラジリアン・サウンドと抜群の歌唱力で、ブラジルにおける社会問題に強烈なメッセージを発する新世代の歌姫 シェニア・フランサ、圧巻のデビュー作。プロデュースはブラジリアン・ジャズのキーパーソン、ロウレンソ・ヘベッチス。― シェニアの強烈で素直なメッセージが詰まった本作は、インタビューの中で彼女が語るように、このアルバムを聴いた人が1人でも多く彼女の想いを汲み取り、そういった差別や偏見に苦しむ人々に孤独を感じて欲しくないという、彼女らしい純粋な想いが詰まった作品となった。またカンドンブレのコンセプトを基に、キューバからアフリカ、ブラジルに至るまでのリズムをネオ・ソウルやトラップといったビートでまとめあげながらも、それだけにとどまらず、コンテンポラリー・ジャズの要素を含んだピアノや管楽器のアレンジも聴ける本作は、過去への敬意を残しながらも「現代の音」をとことん追求した歴史的アルバムだと思う ―
(ライナーノーツより一部抜粋)



*new
シェニア・フランサへのインタビューを公開しました。http://diskunion.net/latin/ct/news/article/1/72410
「Jディラ以降のビート感覚をまとったアフロ・ブラジリアン・ラージ・アンサンブル」として大きな話題となったロウレンソ・ヘベッチス『オ・コルポ・ヂ・デントロ』、そしてそのロウレンソをプロデュースしたアート・リンゼイも新作『ケアフル・マダム』でアフロ・ブラジル音楽を大々的にフィーチャア。カエターノ・ヴェローゾの名作『リーヴロ(1997)』からの影響を公言する若いミュージシャンが続々現れるなど、ここ数年、ブラジルではアフロ・ブラジル音楽の新しいカタチが大きなトレンドとなりつつある。そんななかロウレンソ・ヘベッチスをしのぐ才能になりそうなのが、このシェニア・フランサである。アフリカ系ブラジル人が最も多いバイーアで生まれブラジル最大の都市サンパウロで育ったシェニアは、2007年からプロとしての音楽キャリアを開始。アラフィアというミクスチャー・バンドの一員として活躍するなどサンパウロのインディー・シーンでは名の知れた存在だ。そんな彼女のソロ・デビュー作が本作『シェニア』である。プロデュースは同じアラフィアで活躍するピポ・ペゴラーロ、そしてロウレンソ・ヘベッチスが担当。シンセ・ベースが鳴り響くアフロ・フューチャリズム×トラップ的なサウンドや、よれたリズムを取り入れたネオ・ソウルなど、世界的な音楽トレンドとの同時代性も強く感じさせながら、アフロ・ブラジルの伝統が強烈に渦巻く稀有なサウンドを展開。なによりも聴くものを虜にする歌の力は圧巻の一言で、現地ブラジルでも飛躍的に注目度を高めている。録音もレッドブル・スタジオなどサンパウロの一流スタジオ、ミックス&マスタリングもNYで行うなど、音の鳴りも極めて現代的。音楽大国ブラジルの新たなフェーズ、間違いなくその中心となるだろう次代の歌姫シェニア・フランサのデビュー作を是非聴き逃さないでほしい。

■ プロデュース : ロウレンソ・ヘベッチス、ピポ・ペゴラーロ
■ 歌詞対訳・解説 : 村上達郎
LOURENCO REBETEZ / O CORPO DE DENTRO (VINYL) 
在庫ございます!
 



本日入荷!エルメートファン必聴!


●MARMOTA / A MARGEM 輸入CD 2,268円(税込) (INDEPENDENTE / AP4001)

ポルトアレグレのジャズ・バンド、マルモタのNEW ALBUM。エルメート・パスコアルからアーロン・パークスのサウンド、アメリカ大陸のバラッドとブラジルのバツカーダ(サンバのリズム)を現代ジャズ的なアプローチで融合した注目のバンド。

André Mendonça (double bass), Leonardo Bittencourt (piano) and Pedro Moser (guitars) are three friends who have always been involved with music. In 2011, after doing a summer program at Berklee College of Music, in Boston, they decided to perform in Porto Alegre, where they hooked up with experienced drummer Bruno Braga. 
Together they created Marmota, a jazz band with influences both in the traditional and in modern improvisational music. They built up a public performing in rock clubs, skater venues, and in places with no tradition in the jazz genre, assembling a mixed audience. Aaron Parks, Ari Hoenig and Tigran Hamasyan are inspirations, as well as Israeli musicians, including Gilad Hekselman, Shai Maestro and the two Avishai Cohen. They also love the classics of the genre, but believe that these references appear more discreetly, diluted in improvisations.
In 2015 they released their first album, Prospecto, which was nominated for 5 Açorianos awards. 
Their new album, A Margem, was recorded live at the Audio Porto studios (with some guitar and keyboard overdubs). Featuring seven original compositions, the album is also released on CD and LP. 
The album shows a cohesive artistic maturity and complexity. The compositions and execution are imbued with a confident energy derived, in part, from the regular gigs in their native city. The future of modern jazz is in very good hands – and this debut release sets a high standard for the Audio Porto label.

Production: Marmota and Rafael Hauck 
Artwork: André Bergamin, Arthur Kolbert
Photography: Raul Krebs
Graphic design: Alice Oliveira
Executive Producer: Rita Masini 
Recording, Editing, Mixing, Mastering: Rafael Hauck
Technical and Recording Assistant: Pedro Schmitt
Luthier and Assistant: Alex Cheruti
Operational Assistance: Agnaldo Silva, João Everton Silva dos Santos
Recorded, mixed and mastered at Audio Porto studio in July, 2017, Porto Alegre / RS, Brazil
The track Indução contains a clip of Bill Evans' voice (1969)




再入荷!前回は入荷が即完売となりましたが今回も入荷数極小!お早目に!

●KALEEMA / NOMADA 輸入LP 4,320円(税込) (TROPICAL TWISTA / TTR0033)

VOODOOHOP周辺のシャーマニックなスロウ・テクノや、近年盛り上がりを見せる80'Sブラジリアン・インディーのインストゥルメンタル作品、さらにはインディオの音楽を創作楽器を用い現代音楽へと引き上げたウアクチなどを連想させる超名盤!ZZK以降のデジタル・クンビア新世代、KALEEMAのデビュー作は、先述のVOODOOHOPとも親交の深いブラジルのTropical Twista Recordsからのリリース。ダウンロードコードも付属。




再入荷!こちらも売り切れおりましたが再入荷しました!

●DOS CAMINOS-DUO / EN CASA 輸入CD 2,376円(税込) (INDEPENDIENTE (ARG) / ENCASA)

南米各地の名曲をアコースティックかつ現代的な解釈で演奏する夫婦デュオ。シンプルなギターとヴォイスのハーモニーが躍動する内容はフアン・キンテーロ(アカ・セカ・トリオ)&ルナ・モンティを連想させる素晴らしさで、本作収録のオリジナル曲「Un día de estos」などは今後も歌い継がれるであろう名曲である。先述のフアン、ルナの2人、さらにはサンティアゴ・セグレらのゲスト参加も効果的で、二人のキャンパスにスポットで彩りを加えるよう。アルゼンチン・ネオ・フォルクローレの系譜らしい柔らかな軽やかさがあり、カロ・ボニージョ「CASA」やホルヘ・ドレクスレル「SALVAVIDAS DE HIELO」あたりがお好きな方には激推しです!

Leticia Bibiloni - voz y percusión
Sebastián Guevara - voz y guitarra 

invitados:
Willy Salamone - percusión
Santiago Segret - bandoneón
Juan Quintero - voz y guitarrón
Gastón Poirier - piano, bajo y sonorización
Nicolás Neira - piano y voz
Luna Monti - voz
Matías Mahmud Ortola - yaili tambur
Santiago Cangemi - voz






ラテン、ブラジルのCD、レコード専任担当スタッフが高価買取します!
買取はディスクユニオン町田店にお任せあれ!担当:佐藤

■即日対応可能!まずはご相談くださいませ!
〒194-0013 町田市原町田4-9-8 町田シエロ1F
ディスクユニオン町田店
TEL:042-720-7240
買取専用フリーダイヤル:0120-177-249
(携帯からは042-720-7249)
営業時間:11:00~21:00 365日年中無休
(日祝11:00~20:00)

営業時間:11:00~21:00 (日祝11:00~20:00)

小田急線・横浜線 町田市・東京・神奈川近郊にお住まいのみなさま!高価買取いたします!
CD LPレコード アナログ DVD ブルーレイ 音楽本 音楽書籍などの買取行って おります!
代々木上原・下北沢・経堂・成城学園前・向ヶ丘遊園・新百合ヶ丘・町田・相模大野・海老名・本厚木・秦野・新松田・小田原など出張無料査定いたします。
CD、LPレコードの買取は50年の中古査定実績、安心・信頼のディスクユニオンへお任せください。

高価買取リスト公開中!
 


【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】SO ABRA / CUARTETO ORIENTAL / RODOLFO MEDEROS / キップ・ハンラハン




●SO ABRA / LA ILUSION DETRAS 輸入CD 2,052円(税込) (INDEPENDIENTE (ARG) / SA2018)

前作ではギンガの楽曲を取り上げるなど多様な音楽性を持つブエノスの6人組バンドによる2011年以来のセカンド・アルバム。本作もエルメートやアカ・セカ・トリオを彷彿とさせるカテゴライズ不能かつ難易度の高い楽曲からウルグアイのカンドンベ、ブラジルのサンバを取り入れた爽やかな楽曲などを次から次へビシバシ決めていく痛快な内容だが、なによりも彼らを特徴付けているのがギター兼ヴォーカルの3人がサウンドの中心になっている点だろう。キラキラとしたギターが重なり合うような木漏れ日感は減退し、エレキ・ギターとエモーショナルなヴォーカルがもたらすオルタナ成分が増幅。新しい世代らしいオリジナリティを強く感じさせてくれる。ギターの復権がまことしやかに囁かれているここ数年の世界的な音楽トレンドに同調しているのも、おそらく彼らの高感度なアンテナの賜物だろう。まだまだ進化しそうな要注目のバンドである。 




●CUARTETO ORIENTAL / SIN CORBATA 輸入CD 2,160円(税込) (PAI / 7798041979838)

ヤヒロトモヒロとのデュオで毎年来日し、日本でも多くのファンを持つウルグアイ随一のミュージシャンであるウーゴ・ファトルーソの新作は自身が率いるカルテット、クアルテート・オリエンタルのデビュー作。ダニエル・マサ、レオ・アムエドら気心の知れた名手を迎え、演奏技術や息の合ったアンサンブル、そしてウーゴ・ファトルーソお得意の桃源郷感溢れるシンセ・サウンド、トニーニョ・オルタにも通ずる浮遊感溢れるヴォイシングを聴かせる実に素晴らしい作品。

ジャケットと同じデザインのエンボス加工インサートも良いです。

Daniel Maza Bajo eléctrico
Hugo Fattoruso Piano y tecaldos
Leo Amuedo Guitarra
Fabían Miodownik Batería
Producción ejecutiva Marcelo Crespo
Producción musical Cuarteto Oriental
Obras graficas y diseño Mili Rabasa








●RODOLFO MEDEROS Y GENERACION CERO / FUERA DE BROMA 輸入CD 2,052円(税込) (VIAJERO INMOVIL / RP073VIR)

アルゼンチン屈指のバンドネオン奏者、ロドルフォ・メデイロスが1973年に録音し1976年にリリースされたアルゼンチン・ジャズ・ロックの歴史的名作が嬉しいCDリイシュー。ロドルフォほかバンドネオン奏者を計3名フロントに配した特殊な編成で、タンゴからファンク、ジャズ、イージーリスニングまでを自在に横断する多彩な音楽性を披露。世界中の様々な音楽が進化を遂げていた1970年代、南米アルゼンチンではどういった試みがなされていたのかを知るという意味でも非常に貴重な作品と言えるだろう。

Daniel Binelli : Bandoneon
Juan Jose Mosalini : Bandoneon
Rodlfo Mederos : Bandoneon
Arturo Schneider : Sax, Flute
Ricardo Salas : Bass
Jorge Pocho Lapouble : Drums





●キップ・ハンラハン / クレッセント・ムーン 【KIP HANRAHAN IS BACK!ニューヨーク音楽シーンの重鎮、キップ・ハンラハンが7年間の沈黙を破り、混沌とした音楽界に放つ新たなる問題作】 国内UHQCD 2,592円(税込) (MUZAK、AMERICAN CLAVE / MZCA1368)

KIP HANRAHAN is Back!
ニューヨーク音楽シーンの重鎮、キップ・ハンラハンが7年間の沈黙を破り、混沌とした音楽界に放つ新たなる問題作。
1970年代最後の年にニューヨークで最も治安が悪く危険な地区とされていたサウス・ブロンクスで産声をあげたインディ・レーベルAmerican Clave。オーナーのキップ・ハンラハンは当時気鋭のプロデューサー、ミュージシャンとして注目を集め始めていたタフな男。この30数年間で彼が世に送り出してきた数々の作品は芳醇な香りを放つハイブリッドなサウンドで、そのどれもが聴き手の耳と感性を刺激してきた。キップ・ハンラハンの今を伝える7年ぶりとなるこの新作からも時代の空気の淀みを掬い取ったようなクールで濃厚な彼のメッセージがじんわりと伝わってくる傑作!
「何の情報もなくこのアルバムを聞かされたら、ラテン音楽やジャズの好きな趣味のいい誰かが作ったプレイリストをシャフル状態で聞いているかな、と思うかも知れません。曲のタイトルを見ると絵のキャプションのように見えます。「このコンガの演奏はすごいね…」、と気づいてピンとくるものがあるかも知れません。かつてブルーノート東京で見た「ディープ・ルンバ」を思い出す。その時ステージの周りを常に神経質そうに動きながら演奏を見守っていた中年男、キップ・ハンラハン。誰も見たことがないような映画のサウンドトラックといった印象のアルバムを得意とするユニークな音楽の世界、決して万人向けとは言えませんが、一度その魅力を感じたら必ず耳を傾けたくなる存在です。かなり久しぶりのこの新作では、タイトルの写真の隅っこにあるイメージが制作意図を示唆するポイントのようです。よく見てください。」~ピーター・バラカン
「久々に届いた新作を聴いてみると、そこには僕が好きだったキップの音楽があった。スティーブ・スワロウもいれば、ジャック・ブルースもいるし、ブランドン・ロスもいるし、なんとチコ・フリーマンもいる。前のアルバムが出た時にも感じたが、キップの音楽は、作品を重ねてもそんなに変わってないように思えるのに、新しくはないが、古びもしないままで、新作にはその新作が出たタイミングに合ったリアリティが感じられる。いつものままだが、今聴いても自然なのだ。そんな不思議な感覚は本作にもある。とはいえ、そこにはきちんと変化の理由がある。こんなリズムは今までのキップにはなかっただろうという曲がしれっと入っていたりするし、クレジットを見ればJ.Dアレンのような現代のUSジャズシーン屈指の名手がいたりもする。何も変わらないようでいて、何かが変わっている。何かがアジャストされている。それが意図的なのか、肌感覚のたまものなのか、天然なのかは別にして、これが今のキップのリアリティであり、それは今の時代の雰囲気ともきちんと共振している。つまり、これは今、2018年に聴くべきキップ・ハンラハンの音楽なのだ。」~柳樂光隆(Jazz The New Chapter)
「不覚にもこの新譜を聴いた時、随分懐かしい音を手にした、そんな感触があった。キップの、NoNew Yorkとブロンクスの、パーティー・ミュージックではないラテン・ミュージックからの反撃、”Coup de tete”のテクスチュアーが聴こえると、感じた。一瞬、PCから開封前の輸入盤の匂いが漂った、とさえ感じた。一曲目のコンガ、ベース、サックスソロ、そしてブランドン・ロスの声に、呟きに似たCoupの、キップの声が重なるーつまり、全てはアメリカン・クラーヴェのサウンド、マナーそのもの。キップにもない、ブランドンにもない、コンガにもない、ロビー・アミーン、エル・ネグロ、フェルナンド・ソーンダース、ジャック・ブルースにもない….、しかし彼らだけが、一堂に会したとの時にだけ醸し出す匂い、のようなグルーヴ、サウンド。ここにしかないエキゾな、アメリカン・クラーヴェのコレクティヴネス。」~高見一樹
(新譜案内より)
Personel:
Kip Hanrahan (direction, prec.) Michael Chambers (el-g, vo)
Brandon Ross (vo, g, el-g, banjo) LuisitoQuintero (congas, timbales, perc. )
Charles Neville (ts) Milton Cardona (congas) Steve Swallow (el-b)
J.D. Allen (ts) Craig Handy (ts) Jack Bruce (vo, el-b) Chico Freeman (ts)
Mario Rivera (bs) Dick Kondas(audio engineer) Robby Ameen (trap ds, perc)
YuniorTerry (b) Lucia Ameen (vo) Anthony Carrillo (congas) Richie Flores (congas) Andy Gonzalez (b) Xiomara Laugart) (vo)Fernando Aunders(sl-b, vo, cello, g)
Josh Sinton (bs) Alfredo Triff(vln)Roberto Poveda(vo)
David Rodriguez (tape, sound effects)Lucy Penabaz(vo)
Giacomo Merega(el-b) Grayson Hugh (vo) SentiToy (vo) Ignacio Berroa(congas)
Giovanni Hidalgo (congas) Steve Berrios (congas)







【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】シルビア・イリオンド / ティエラ・シン・マル

【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】
本日入荷!
カルロスアギーレ、ハファエルマルチニらアルゼンチン、ブラジルの気鋭音楽家らも参加!

●シルビア・イリオンド / ティエラ・シン・マル 国内CD 3,100円(税込) (SPIRAL RECORDS / SPIRA1112)

豊かで光に照らされた世界。大地の香りを感じさせる歌──     Egberto Gismonti 

アルゼンチンのネオ・フォルクローレ・シーンで最も世界性をもつシンガーSilvia Iriondoが、グアラニー族の理念 『悪なき大地(TIERRA SIN MAL)』の遠い響きに、南米音楽の未来の地平を透視する。Juan Falú, Carlos Aguirre, Rafael Martini, Lilian Saba等、先鋭的アーティストが参加。 

Cover Art:Flor Garduño “Papalote, Mexico, 1986”










【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】「EDU PASSETO & GUI TAVARES 」「RODRIGO TAVARES / CONGO」「ロウレンソ・ヘベッチス 」「IVAN LINS & GILSON PERANZZETTA 」

【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】

オススメ!


●EDU PASSETO & GUI TAVARES  / NOITE QUE BRINCOU DE LUA 【LP】 輸入LP 3,240円(税込) (FAR OUT RECORDINGS / FORDIS01)

「街角クラブ」に代表されるミナス音楽、ヴェロカイがプロデュースしたフォーキー・サイケ諸作、さらにはMPB男性コーラスの系譜を継ぐ、あまりにも美しすぎるインディー・ブラジリアン・ソフトロックの名盤...。エドゥ・パッセート&ギ・タヴァレスが残した1981年の名盤『NOITE QUE BRINCOU DE LUA』がLPで世界初復刻!




担当イチオシ☆


●RODRIGO TAVARES / CONGO 輸入LP 2,808円(税込) (HIVE MIND / HMRLP002)

ミナスのギタリスト、ホドリゴ・タヴァレスの2016年リリース・デビュー作がUKの新興レーベルHIVE MIND RECORDSより(!)アナログ化! モリコーネやロバート・ワイアット、サン・シティ・ガールズ、ユセフ・ラティーフ、そしてミルトン・ナシメントやジョアン・ジルベルトから影響を受けたと語る特異な音楽性をもつホドリゴ。フェリペ・コンチネンチーノ(dr)、マルクス・アブジャウヂ(p)、フレッド・セルヴァ(vib)など、モダンなセンスを持つ気鋭のジャズ・ミュージシャンのサポートのもと、揺らし系のエフェクトをかましたギターで映画のサウンドトラックのようなメランコリックな情景を紡いでいくミナス産ジャズ・インストゥルメンタルの傑作。

Rodrigo Tavares - guitars 
Felipe Continentino - drums 
Pedro Santana - bass 
Fred Selva - vibes and congas 
Breno Mendonça - tenor saxophone 
Felipe Bastos - percussion 
Marcus Abjaud - fender rhodes 
Thiago Nunnes - guitar in Yangon 





2017年話題作!再プレス!最後のプレスですお見逃しなく!


●ロウレンソ・ヘベッチス / オ・コルポ・ヂ・デントロ (レコード) 【VINYL】 国内LP 3,240円(税込) (SUBURBIA RECORDS / SULP1001)

■ 2018年3月、大好評につき少数ですが再プレス!これが最後のプレスになりますので買い逃しなく!

DJもコレクターも垂涎のアート・リンゼイ・プロデュース大名盤! J・ディラ以降の冴えたビート感覚とアフロ・ブラジルの躍動感、気高いラージ・アンサンブルが融合したブラジリアン・ジャズの歴史的傑作が、SUBURBIA RECORDSの監修で待望の世界初ヴァイナル・プレス!

”ジャズとヒップホップ/R&Bの融合の歴史におけるマイルストーンがロバート・グラスパーの『Black Radio』なら、ロウレンソ・ヘベッチスの『O Corpo De Dentro』はジャズとブラジル音楽の邂逅の記念碑だ。アフロ・ブラジリアンの豊潤なグルーヴとJ・ディラ以降のねじれたビート感覚に、マリア・シュナイダー~挾間美帆らのラージ・アンサンブルや室内楽ジャズの系譜も息づく、ギル・エヴァンス×モアシール・サントスの現代版のような大傑作。アート・リンゼイ・プロデュースによる前衛的なセンスも香らせながら、ディアンジェロやケンドリック・ラマーに触発されて生まれた稀有なアルバム。ただひたすらカッコイイ!” -- 橋本徹(SUBURBIA)

”何度も聴きながら、現代ジャズとアフロブラジル、ネオソウル/ヒップホップといった様々な要素がここまで美しく、シンプルに組み合わさっていることに驚きを禁じ得ない。が、どうやらそれもまだ序章に過ぎないようだ。「Interludio 2 (Supernova)」を聴いてみてほしい。アフロブラジル・パーカッションとトラップがスムースに合わさったこのインタールードを聴けば、これからもブラジルから刺激的な音楽が生み出されて行く予感が沸いてくる。これもまた「ジャズミュージシャンが作り出すまだ名前のついていない音楽」としか言い表せない音楽だと僕は思う。” -- 柳樂光隆(Jazz The New Chapter) 国内盤CDライナーノーツより一部抜粋

”ジャズと呼ばれているものでも、ダンスミュージック的な躍動感があり、このグルーヴをフロアでどのように再生したいかとわくわくさせられる音楽がたまにある、今作はそんな作品。アート・リンゼイによる数学化と、南米訛りから溢れる陽の光のようなリズムから織り成される、光合成のようなアンサンブル。この眩さ、ジャコ・パストリアスの『Word of Mouth』を思い出した。” -- Shhhh (DJ)







●IVAN LINS & GILSON PERANZZETTA イヴァ / CUMPLICIDADE 輸入CD 2,376円(税込) (FINA FLOR / FF083)
イヴァン・リンス2018年新作。70年代のイヴァン・リンス黄金期を支えた名鍵盤奏者ジルソン・ペランツェッタとのデュオで再演する名曲集。悪いはずがありません!

ブラジルが世界に誇る天才メロディ・メーカー:イヴァン・リンス、2014年の『AMERICA, BRASIL‎』以来、約4年ぶりとなる待望の新作『CUMPLICIDADE』は名鍵盤奏者ジルソン・ペランツェッタとのデュオ作。

ペランツェッタといえば1970年代、RCAやEMI時代のイヴァン・リンス黄金期の作品を支えた名アレンジャーで、しばしばイヴァン・リンスとセットで語られるほどの最重要人物。イヴァン・リンスの音楽をともに作り上げた朋友と再びタッグを組み、往年の名曲を再演するという本作の趣旨は、イヴァン・リンス・ファン、そしてMPBファンであれば思わず快哉を叫ばずにいられない、まさに待望の内容であると言えるだろう。

"Able Alas"から始まり、"Começar de Novo", "Setembro", "Temporal", "Somos Todos Iguais Neste Noite", "Madalena", "Dinorah, Dinorah"...。名曲の連続に否が応でも気分が高揚するが、エレピと生ピアノの連弾による見事なアレンジ、そして年を重ねるごとに表現力が増している感すらあるイヴァン・リンスの歌声がまた素晴らしい。シンプルながらに過不足なく、力強くも多彩なニュアンスを伝えてくれる全13曲。ブラジル音楽ファンなら聴くほどに魅了される、新たな名盤の誕生である。







■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
〒194-0013 町田市原町田4-9-8 町田シエロ1F
ディスクユニオン町田店
TEL:042-720-7240
e-mail : dm@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~21:00 (日祝11:00~20:00)
担当:佐藤

ラテン、ブラジルのCD、レコード専任担当スタッフが高価買取します!
買取はディスクユニオン町田店にお任せあれ!




3/4(日)緊急!新着ブラジルCD300枚出します!廃盤~人気盤多数!

3/4(日)緊急!新着ブラジルCD300点オーバー出します!廃盤~人気盤多数!





※整理券は当日10:00からディスクユニオン側の入口にて配布致します。
※お取り置き/通信販売は当日14:00から承ります。
※中古品につき1点物のため、品切れの際はご了承ください。


リストはこちらから!
同時開催のレコードセールはこちら!
WORLDレコードセール開催!ブラジル・アルゼンチン・ウルグアイ人気盤からレゲエまで!

ANTONIO CARLOS & JOCAFI / 2LPS EM 1CD
 (74321803012) 盤質:A 【廃盤/2IN1/サイケMPB/'71年作+'74年作】


ANTONIO CARLOS JOBIM / MATITA PERE
 (8268562) 盤質:B 【廃盤/1972名作/入手困難】


DICK FARNEY / PENUMBRA
 (5835722) 盤質:B 【廃盤/CCCD】


DICK FARNEY / PIANO & ORQUESTRA GAYA GAYA -ME- 27
 (5269542) 盤質:B+ 【廃盤/ツメ折れ/ELENCOオリジナル作品1966】


DICK FARNEY & CLAUDETTE SOARES / 2 EM 1 (DICK FARNEY & CLAUDETTE SOARES)
 (5834642) 盤質:B 【廃盤/ツメ折れ/2IN1】




つづきはこちら "3/4(日)緊急!新着ブラジルCD300枚出します!廃盤~人気盤多数!"

【LATIN/BRAZIL新着入荷情報】PUEBLA (ARGENTINA) / LA TRAMA DEL OS CONFINES




●PUEBLA (ARGENTINA) / LA TRAMA DEL OS CONFINES 輸入CD 2,592円(税込) (INDEPENDIENTE (ARG) / PUEBLA)

前作ではカエターノの「レアォンジーニョ」をカバー。あどけなさの残る歌声と、センス溢れるポップネス、アルゼンチンらしい高度な音楽性が同居する女性グループ、プエブラの新作。アコーディオン、シンセ、メタロフォンが奏でるどこか牧歌的なサウンドと、彼女達の声の相性は抜群。声/楽器のオーガニックなトーンを最大限に活かしつつ、さらに音楽自体を加速させていくようなパワフルなボンボやメタリックなエレキ・ギターが加わることで、ポップスとしての強度がグッと増した感もある。

木箱に入った手作りジャケットが前作は話題を呼びましたが、本作もまた思わず手に取りたくなるデジパック・ジャケット!

Puebla: María José Tolosa (voz, percusión, metalofón), Josefina Hernalz Boland (voz, guitarra) & Manuela Belinche Montequín (voz, acordeón, sintetizador) 
Artwork & photograph : UNBARCO - www.unbarco.com














【LATIN/BRAZIL新着入荷情報!】SILVIA SALOMONE & ALFONSO BEKES / FLORES DE LA NOCHE  HERMETO PASCOAL / VIAJANDO COM O SOM


本日入荷!

●SILVIA SALOMONE & ALFONSO BEKES  / FLORES DE LA NOCHE 輸入CD 2,592円(税込) (SHAGRADA MEDRA / SHCD068)

ジャケットが素敵☆

カルロス・アギーレ主宰「SHAGRADA MEDRA」レーベルの2018最新作はシルビア・サロモネとアルフォンソ・ベケスの男女デュオによる初作品。レーベル主宰のカルロス・アギーレをはじめとしたゲストを迎えつつ、自身たちのオリジナル5曲、そしてラモン・ジャラ、チャチョ・ムリェール、フェルナンド・カブレラ、ダニエル・マサ、そしてエドゥアルド・マテオといったアルゼンチンと隣国ウルグアイの音楽家による楽曲群をシンプルに綴っていく珠玉の内容。自然音やシンセサイザー、ハープといった楽器がもたらす効果も絶大で、シンプルながら生命観溢れる歌とギターの世界に彩を添えてくれる。聴くほどに魅了されるネオ・フォルクローレの名盤、ここに誕生である。

Guests: Carlos “Negro” Aguirre (acordeón y flautas), Daniel Maza (bajo), Celina Federik (arpa y teclado) Patricia Hein (violoncello), Luis Medina y Cristian Ávalos (guitarras), Lucas Solari (batería), Gonzalo Díaz (percusión) y Maru Figueroa (coros).■ 2018年2月25日 国内盤リリース! ■

サンパウロのモダンさとアフリカ音楽の影響をしなやかな音楽性で聞かせるルエヂジ・ルナ、待望のデビュー・アルバム! プロデュースは夭逝の天才パーカッショニスト、ハミロ・ムソットともデュオ作をリリースしていたスウェーデン人音楽家セバスティアン・ノティーニ。近年ではイアン・ラッセール、チガナー・サンタナやヴィルジニア・ホドリゲス、さらにはウム・サンガレといったアーティストを手がけるキーパーソンである。アフロ・ブラジルのパーカッションを基調としつつも、アフリカ音楽を思わせる豊穣なギター・アンサンブル、そしてルエヂジの伸びやかなヴォーカルが響き渡る洗練のアフロ・ブラジレイロMPB。ロウレンソ・ヘベッチス、アート・リンゼイ、さらにはクアルタベーなどアフロ・ブラジレイロの伝統を新たなかたちで掲示する音楽家が増えてきているが、本作はその潮流の最注目作品と言えるだろう。




当店売切れとなっておりましたが再入荷!
内容最高です!
来日公演も待ち遠しいエルメート1976年未発表スタジオ・セッション!

●HERMETO PASCOAL / VIAJANDO COM O SOM (THE LOST '76 VISE VERSA STUDIO SESSION) 【LP/ 全宇宙驚愕!!1976年未発表音源がリリース!】 輸入LP 2,592円(税込) (FAR OUT RECORDINGS / FARO200LP)

全宇宙驚愕!! エルメート・パスコアルが1976年に残していた未発表スタジオ・セッションがCD/LP化! 

ブラジルを代表する作編曲家/マルチ・インストゥルメンタル奏者エルメート・パスコアル。2017年の年始には久々の来日を果たし、圧倒的なパフォーマンスを披露したかと思えば、この夏にはエルメート・グループ名義として実に15年ぶりとなる全18曲二枚組みにも及ぶ新作を発表。衰えるどころかますますその才気を漲らせている印象すらあるが、そんなエルメートの未発表音源リリースというトンデモナイ知らせが飛び込んできた。リリースするのはUKのファーアウト・レコーディングス。アジムスの復活やアルトゥール・ヴェロカイのカムバック作などをリリースし、にわかに今もっとも注目すべきブラジル音楽レーベルのひとつとなりつつある。この未発表音源は、そんなファーアウトの記念すべき200タイトル目のリリース。まさに満を持してのリリースとなる。

さて気になる内容だが、マイルス・デイヴィスの『LIVE EVIL』に参加&曲提供、1974年には名作『A MUSICA LIVRE DE HERMETO PASCOAL』をリリースした後の1976年、トロピカリアの仕掛け人としても知られる名作編曲家ホジェーリオ・ドゥプラが所有していたサンパウロのヴァイス・ヴェルサ・スタジオにて行ったという2日間のセッションを収めたものである。当時すでに独自の音楽性を確立していたエルメートではあるが、今よりもその音楽はさらに混沌としていた時期であり、80年代に入るとイチベレなど自身のパーマネントなグループを結成し「BEBE」に並ぶ美しいメロディの楽曲群「SAO JOAO」「MUSICA DAS NUVENS E DO CHAO」といった今日に至るまでカバーされ続ける名曲を世に送り出すなど、より多彩な音楽性を花開かせようとしていた時期でもある。本作で行われた何時間にも渡る濃密なノンストップ・セッションが、構築するこれまでの作曲術ではなく、より有機的かつ即興的に音を作っていくエルメート特有の作曲に大きな影響を与えたのだと言う。

レコーディング・メンバーも興味深い。日本でも高い人気を誇るトニーニョ・オルタや「ブラジルのウェイン・ショーター」ことニヴァルド・オルネラスをはじめ、実験的な作品を多数残しブラジルのインスト音楽の歴史を変えたといわれるグルーポ・ウンの二人レロ・ナザリオとエドゥアルド・ナザリオ、エルメートのプロデュースで名作『OFERENDA』をリリースしているアレウーダといった多士済々が集結し録音。その録音テープはミックスダウンが終わった後、レロ・ナザリオの手に渡り消失していたかと思われていたが、レロのスタジオ・アーカイブになんと40年間以上も眠っていたのが発見され、このたびリリースに至ったというわけである。

内容については、語る必要もないだろう。エルメートが最も実験性に満ちたエキセントリック極まる時期でありながら、それに応える当時のトップ・ミュージシャンの技術とアイデアに満ちた熱量溢れる演奏にはとにかく圧倒される。ブラジル音楽の黄金期ともいえる70年代だが、軍政だったこともあり多くの音楽家が自身の音楽性を追求するのが難しかったのもまた事実。先述したとおりエルメートですらある種の型にまだ捉われている部分もあり、80年代にかけてそのオリジナリティをさらに発揮していくわけだが、本作で聴ける演奏はそんなエルメートの分岐点となった革命的なセッションなのである。

本作がここ10年におけるブラジル音楽、いやポピュラー・ミュージック史における最大の発見であることには間違いないだろう。こんなにもリリースが待ちきれないという気持ちは久しぶりである。




【予約受付中!限定盤です!ご予約推奨!】

●HERMETO PASCOAL / NO MUNDO DOS SONS (LTD. VINYL) 【2XLP - GATEFOLD】 輸入LP 3,996円(税込) (180G X DISK UNION / 180GDULP01)
■予約受付開始 4月下旬入荷予定■
2017年にグループ名義として15年ぶりのリリースした大きな話題となったエルメート・パスコアル&グルーポの大傑作『NO MUNDO DOS SONS』が、ディスクユニオンとフランスの音楽総合商社レーベル「180g」のコラボレーションで待望のヴァイナル・プレス!

2017年の年始に久々の来日を果たし日本のファンを歓喜させたブラジリアン・ジャズ・レジェンドのエルメート・パスコアル。8月には自身のグループ名義として15年ぶりとなる新作『NO MUNDO DOS SONS』をリリースすると、エルメートの作編曲家としての側面にフォーカスしたビッグバンド作品『NATUREZA UNIVERSAL』、さらには70年代の未発表音源『VIAJANDO COM O SOM (THE LOST '76 VISE VERSA STUDIO SESSION)』を発表するなど、全部で3枚の作品をリリース。2017年は多くの人にエルメート・イヤーとして記憶されました。そして2018年も勢いそのままに、5月には再度の来日公演が決定! 今年もエルメート・パスコアルから目が離せない1年になることは必至です!

そんななか決まった待望のヴァイナル・プレス! 本作『NO MUNDO DOS SONS』は、イチベレ・ツヴァルギ、アンドレ・マルケスといったエルメートが長年引き連れた名うての音楽家により構成される自身のグループ名義での録音で、一糸乱れぬ組織力と、はじけんばかりのパッション、めくるめく即興性が同居する演奏が極まった宇宙一のアンサンブルを、たっぷりと聴かせるエルメートの新たな代表作とも言える作品です。ヴァイナル化を望む声がブラジルやヨーロッパ、そしてここ日本でも非常に高く、このたび目出度く2枚組LP、見開ジャケットという仕様でリリースする運びとなりました。

エルメートの長いキャリアを振り返ってみても、間違いなく代表作であろう本作。全音楽ファン、いや全人類が聴くべき真のマスターピースがレコードになるとなれば、これはもう買わないわけには行かないでしょう!  リミテッド・プレスのためご予約・ご購入はお早めに!

■ CDはこちら○ 2018年5月新緑の季節、エルメート・パスコアールが愛弟子5人と共に歓喜のアンコール来日! 
http://diskunion.net/latin/ct/news/article/0/71229
○ 昨年に公開されたエルメート・パスコアールおよび5人のインタビュー
http://www-shibuya.jp/feature/007419.php
○ 「宇宙が見えた」「歴史を観た」「既に今年のベストアクト候補」…2017年1月、エルメート・パスコアール来日!(まとめ)
https://togetter.com/li/1068309
○2017年の来日時に当WEBSHOPで制作したエルメートのキャリアまとめ的記事 / YOUTUBEのリンクもあります。
http://diskunion.net/latin/ct/news/article/2/63641



【LATIN/BRAZIL新着入荷情報!】

本日入荷!


●ルエジ・ルーナ / ウン・コルポ・ノ・ムンド 国内CD 2,484円(税込) (アプレミディ・レコーズ / RCIP0270)
■ 2018年2月25日 国内盤リリース! ■

サンパウロのモダンさとアフリカ音楽の影響をしなやかな音楽性で聞かせるルエヂジ・ルナ、待望のデビュー・アルバム! プロデュースは夭逝の天才パーカッショニスト、ハミロ・ムソットともデュオ作をリリースしていたスウェーデン人音楽家セバスティアン・ノティーニ。近年ではイアン・ラッセール、チガナー・サンタナやヴィルジニア・ホドリゲス、さらにはウム・サンガレといったアーティストを手がけるキーパーソンである。アフロ・ブラジルのパーカッションを基調としつつも、アフリカ音楽を思わせる豊穣なギター・アンサンブル、そしてルエヂジの伸びやかなヴォーカルが響き渡る洗練のアフロ・ブラジレイロMPB。ロウレンソ・ヘベッチス、アート・リンゼイ、さらにはクアルタベーなどアフロ・ブラジレイロの伝統を新たなかたちで掲示する音楽家が増えてきているが、本作はその潮流の最注目作品と言えるだろう。



再入荷!

●ブレンダ・ナバレテ / ミ・ムンド 国内CD 2,376円(税込) (THINK! RECORDS / THCD434)

ダイメ・アロセナ、イベイーに続くのはこの人だ! 世界的ブレイクを目前に控える新世代女性キューバン・ジャズの新星ブレンダ・ナバレテ待望のデビュー作。

野性と洗練、伝統と革新がせめぎあうスリリングな瞬間にこの『Mi Mundo』は満ち溢れている。これだけの多様な音楽性、あるいは名のあるミュージシャン達を内包しながら、借り物の匂いがまったくしないのにも驚く。彼女自身の強靭な身体感覚とアーティスティックなヴィジョンが全編に炸裂している。
こんなキューバ音楽、聴いたことがない。だが、どこを切ってもキューバ音楽そのもの。そんな堂々たるブレンダ・ナバレテのデビュー・アルバムの登場だ。
(高橋健太郎氏ライナーノーツより一部抜粋)映画『キューバップ』の公開、アメリカとの国交回復などもあり、日本でもますます注目されるキューバの音楽シーン。本作はそんなキューバの新世代を代表する女性シンガー/パーカッショニスト/作曲家、ブレンダ・ナバレテのデビュー作である。いまだ20代という若さながら、クリマックス、イラリオ・ドゥランといったキューバを代表する大物ミュージシャンの作品に客演するなど、実力実績ともに十分。キューバ音楽ファン、ラテンジャズ・ファンの間ではすでに注目される存在である。

そんななかリリースされるのが、まさに待望ともいえる本デビュー作『ミ・ムンド』だ。現代キューバを代表する音楽家たちを迎えつつ、ジャズ、ブラジリアンまでをミックスした「新世代のアフロ・キューバン・ミュージック」を披露。チャーミングなルックスも含め、次代のスターとしての才覚をいかんなく発揮する内容となっている。

ダイメ・アロセナ、イベイーに続く女性キューバ音楽家の新星として世界的ブレイクは必至。キューバ音楽ファンはもちろん、新世代ジャズ・ファンにも強力リコメンド!



好評発売中!

●DOS CAMINOS-DUO / EN CASA 輸入CD 2,376円(税込) (INDEPENDIENTE (ARG) / ENCASA)

南米各地の名曲をアコースティックかつ現代的な解釈で演奏する夫婦デュオ。シンプルなギターとヴォイスのハーモニーが躍動する内容はフアン・キンテーロ(アカ・セカ・トリオ)&ルナ・モンティを連想させる素晴らしさで、本作収録のオリジナル曲「Un día de estos」などは今後も歌い継がれるであろう名曲である。先述のフアン、ルナの2人、さらにはサンティアゴ・セグレらのゲスト参加も効果的で、二人のキャンパスにスポットで彩りを加えるよう。アルゼンチン・ネオ・フォルクローレの系譜らしい柔らかな軽やかさがあり、カロ・ボニージョ「CASA」やホルヘ・ドレクスレル「SALVAVIDAS DE HIELO」あたりがお好きな方には激推しです!

Leticia Bibiloni - voz y percusión
Sebastián Guevara - voz y guitarra 

invitados:
Willy Salamone - percusión
Santiago Segret - bandoneón
Juan Quintero - voz y guitarrón
Gastón Poirier - piano, bajo y sonorización
Nicolás Neira - piano y voz
Luna Monti - voz
Matías Mahmud Ortola - yaili tambur
Santiago Cangemi - voz






●ARTHUR VEROCAI / ARTHUR VEROCAI 【LP】 輸入LP 3,456円(税込) (MR BONGO / 133)

ついに、オリジナル・マスターからの再発!!  しかもヴェロカイ本人の監修のもと制作されたリイシューです!

オリジナルは2500 USD以上!!! レアグルーヴの最高峰、アルトゥール・ヴェロカイのコンチネンタル盤がCD/LPでMR BONGOよりリイシュー。

" I could listen to the album everyday for the rest of my life "
madlib

mastered from the original master tapes
supervised by arthur verocai
replica gatefold artwork.





【予約受付中!限定盤です!ご予約推奨!】

●HERMETO PASCOAL / NO MUNDO DOS SONS (LTD. VINYL) 【2XLP - GATEFOLD】 輸入LP 3,996円(税込) (180G X DISK UNION / 180GDULP01)
■予約受付開始 4月下旬入荷予定■
2017年にグループ名義として15年ぶりのリリースした大きな話題となったエルメート・パスコアル&グルーポの大傑作『NO MUNDO DOS SONS』が、ディスクユニオンとフランスの音楽総合商社レーベル「180g」のコラボレーションで待望のヴァイナル・プレス!

2017年の年始に久々の来日を果たし日本のファンを歓喜させたブラジリアン・ジャズ・レジェンドのエルメート・パスコアル。8月には自身のグループ名義として15年ぶりとなる新作『NO MUNDO DOS SONS』をリリースすると、エルメートの作編曲家としての側面にフォーカスしたビッグバンド作品『NATUREZA UNIVERSAL』、さらには70年代の未発表音源『VIAJANDO COM O SOM (THE LOST '76 VISE VERSA STUDIO SESSION)』を発表するなど、全部で3枚の作品をリリース。2017年は多くの人にエルメート・イヤーとして記憶されました。そして2018年も勢いそのままに、5月には再度の来日公演が決定! 今年もエルメート・パスコアルから目が離せない1年になることは必至です!

そんななか決まった待望のヴァイナル・プレス! 本作『NO MUNDO DOS SONS』は、イチベレ・ツヴァルギ、アンドレ・マルケスといったエルメートが長年引き連れた名うての音楽家により構成される自身のグループ名義での録音で、一糸乱れぬ組織力と、はじけんばかりのパッション、めくるめく即興性が同居する演奏が極まった宇宙一のアンサンブルを、たっぷりと聴かせるエルメートの新たな代表作とも言える作品です。ヴァイナル化を望む声がブラジルやヨーロッパ、そしてここ日本でも非常に高く、このたび目出度く2枚組LP、見開ジャケットという仕様でリリースする運びとなりました。

エルメートの長いキャリアを振り返ってみても、間違いなく代表作であろう本作。全音楽ファン、いや全人類が聴くべき真のマスターピースがレコードになるとなれば、これはもう買わないわけには行かないでしょう!  リミテッド・プレスのためご予約・ご購入はお早めに!

■ CDはこちら○ 2018年5月新緑の季節、エルメート・パスコアールが愛弟子5人と共に歓喜のアンコール来日! 
http://diskunion.net/latin/ct/news/article/0/71229
○ 昨年に公開されたエルメート・パスコアールおよび5人のインタビュー
http://www-shibuya.jp/feature/007419.php
○ 「宇宙が見えた」「歴史を観た」「既に今年のベストアクト候補」…2017年1月、エルメート・パスコアール来日!(まとめ)
https://togetter.com/li/1068309
○2017年の来日時に当WEBSHOPで制作したエルメートのキャリアまとめ的記事 / YOUTUBEのリンクもあります。
http://diskunion.net/latin/ct/news/article/2/63641



【LATIN/BRAZIL新着入荷情報!】「KALEEMA / NOMADA」「DOS CAMINOS-DUO / EN CASA」再入荷情報もあり!

【LATIN/BRAZIL新着入荷情報!】
本日入荷!担当イチオシ!


●KALEEMA / NOMADA 輸入LP 4,320円(税込) (TROPICAL TWISTA / TTR0033)
VOODOOHOP周辺のシャーマニックなスロウ・テクノや、近年盛り上がりを見せる80'Sブラジリアン・インディーのインストゥルメンタル作品、さらにはインディオの音楽を創作楽器を用い現代音楽へと引き上げたウアクチなどを連想させる超名盤!ZZK以降のデジタル・クンビア新世代、KALEEMAのデビュー作は、先述のVOODOOHOPとも親交の深いブラジルのTropical Twista Recordsからのリリース。ダウンロードコードも付属。




本日入荷!

●DOS CAMINOS-DUO / EN CASA 輸入CD 2,376円(税込) (INDEPENDIENTE (ARG) / ENCASA)

南米各地の名曲をアコースティックかつ現代的な解釈で演奏する夫婦デュオ。シンプルなギターとヴォイスのハーモニーが躍動する内容はフアン・キンテーロ(アカ・セカ・トリオ)&ルナ・モンティを連想させる素晴らしさで、本作収録のオリジナル曲「Un día de estos」などは今後も歌い継がれるであろう名曲である。先述のフアン、ルナの2人、さらにはサンティアゴ・セグレらのゲスト参加も効果的で、二人のキャンパスにスポットで彩りを加えるよう。アルゼンチン・ネオ・フォルクローレの系譜らしい柔らかな軽やかさがあり、カロ・ボニージョ「CASA」やホルヘ・ドレクスレル「SALVAVIDAS DE HIELO」あたりがお好きな方には激推しです!

Leticia Bibiloni - voz y percusión
Sebastián Guevara - voz y guitarra 

invitados:
Willy Salamone - percusión
Santiago Segret - bandoneón
Juan Quintero - voz y guitarrón
Gastón Poirier - piano, bajo y sonorización
Nicolás Neira - piano y voz
Luna Monti - voz
Matías Mahmud Ortola - yaili tambur
Santiago Cangemi - voz




【再入荷!】

●ARTHUR VEROCAI / ARTHUR VEROCAI 【LP】 輸入LP 3,456円(税込) (MR BONGO / 133)

ついに、オリジナル・マスターからの再発!!  しかもヴェロカイ本人の監修のもと制作されたリイシューです!

オリジナルは2500 USD以上!!! レアグルーヴの最高峰、アルトゥール・ヴェロカイのコンチネンタル盤がCD/LPでMR BONGOよりリイシュー。

" I could listen to the album everyday for the rest of my life "
madlib

mastered from the original master tapes
supervised by arthur verocai
replica gatefold artwork.





【予約受付中!限定盤です!ご予約推奨!】

●HERMETO PASCOAL / NO MUNDO DOS SONS (LTD. VINYL) 【2XLP - GATEFOLD】 輸入LP 3,996円(税込) (180G X DISK UNION / 180GDULP01)
■予約受付開始 4月下旬入荷予定■
2017年にグループ名義として15年ぶりのリリースした大きな話題となったエルメート・パスコアル&グルーポの大傑作『NO MUNDO DOS SONS』が、ディスクユニオンとフランスの音楽総合商社レーベル「180g」のコラボレーションで待望のヴァイナル・プレス!

2017年の年始に久々の来日を果たし日本のファンを歓喜させたブラジリアン・ジャズ・レジェンドのエルメート・パスコアル。8月には自身のグループ名義として15年ぶりとなる新作『NO MUNDO DOS SONS』をリリースすると、エルメートの作編曲家としての側面にフォーカスしたビッグバンド作品『NATUREZA UNIVERSAL』、さらには70年代の未発表音源『VIAJANDO COM O SOM (THE LOST '76 VISE VERSA STUDIO SESSION)』を発表するなど、全部で3枚の作品をリリース。2017年は多くの人にエルメート・イヤーとして記憶されました。そして2018年も勢いそのままに、5月には再度の来日公演が決定! 今年もエルメート・パスコアルから目が離せない1年になることは必至です!

そんななか決まった待望のヴァイナル・プレス! 本作『NO MUNDO DOS SONS』は、イチベレ・ツヴァルギ、アンドレ・マルケスといったエルメートが長年引き連れた名うての音楽家により構成される自身のグループ名義での録音で、一糸乱れぬ組織力と、はじけんばかりのパッション、めくるめく即興性が同居する演奏が極まった宇宙一のアンサンブルを、たっぷりと聴かせるエルメートの新たな代表作とも言える作品です。ヴァイナル化を望む声がブラジルやヨーロッパ、そしてここ日本でも非常に高く、このたび目出度く2枚組LP、見開ジャケットという仕様でリリースする運びとなりました。

エルメートの長いキャリアを振り返ってみても、間違いなく代表作であろう本作。全音楽ファン、いや全人類が聴くべき真のマスターピースがレコードになるとなれば、これはもう買わないわけには行かないでしょう!  リミテッド・プレスのためご予約・ご購入はお早めに!

■ CDはこちら○ 2018年5月新緑の季節、エルメート・パスコアールが愛弟子5人と共に歓喜のアンコール来日! 
http://diskunion.net/latin/ct/news/article/0/71229
○ 昨年に公開されたエルメート・パスコアールおよび5人のインタビュー
http://www-shibuya.jp/feature/007419.php
○ 「宇宙が見えた」「歴史を観た」「既に今年のベストアクト候補」…2017年1月、エルメート・パスコアール来日!(まとめ)
https://togetter.com/li/1068309
○2017年の来日時に当WEBSHOPで制作したエルメートのキャリアまとめ的記事 / YOUTUBEのリンクもあります。
http://diskunion.net/latin/ct/news/article/2/63641



 | HOME | 次のページ »